映画『魔法科高校の劣等生』ネタバレなど。新キャラ登場の完全新作!

スポンサードリンク

映画『魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』の作品紹介

あの「お兄様」「さすおに」が映画化!いよいよ公開日が近づいてきました。

あらすじ

待望の劇場映画化決定――!

季節はすぎ、もうすぐ二度目の春――。

劣等生の兄と、優等生の妹。ふたりの魔法科高校での生活は、その一学年目を終えようとしていた。

達也、そして深雪たちは春休みを利用して、小笠原諸島のとある別荘へと休暇に訪れていた。

束の間の休息に羽根を伸ばす達也たち。しかし、そんな達也たちの前に一人の少女”九亜”が現れる。

海軍基地から脱走してきたその少女は達也にひとつの願いを告げる――。

(引用元:http://mahouka.jp/about/)

キャラクター情報(映画版新キャラも含む)

それぞれのキャラクターの担当声優さんは後述(「キャスト」の項を参照)。

司波達也

国立魔法大学付属第一高校一年E組所属。”ある欠陥”のため「ウィード(雑草)」と揶揄される二科生(劣等生)として入学する。CADの設計など技術系分野を得意とする。全てに達観している。

司波深雪

達也の妹。一年A組所属。第一高校に主席で入学し、「ブルーム(花冠)」と呼ばれる一科生の中でも才色兼備のエリートである。得意分野は「冷却魔法」。唯一の愛すべき欠点は”重度のブラコン”。

千葉エリカ

達也のクラスメイト。一年E組所属。周囲の目を引く陽性の美少女で、明るく物怖じしない性格から、周囲を巻き込んでは騒動を起こす。実家は「剣術」の大家。自身も剣の腕前をいかした戦いを得意とする。

西城レオンハルト

通称「レオ」。一年E組所属。名前が洋風なのは父親がハーフで母親はクォーターであるため。卓越した運動神経の持ち主で、得意な魔法は「硬化魔法」。気さくな性格から、達也とは入学以来の友人。

柴田美月

達也のクラスメイト。少々天然だが真面目な性格。この時代には珍しくメガネを掛けているのは、意図せずに霊子放射光が見えてしまう霊子放射光過敏症を抑えるためである。

古田幹比古

一年E組所属。「古式魔法」の名門の出身。魔法技術にしても一科生に引けを取らないが、あるアクシデントから魔法をうまく行使できなくなっていたところ、達也との出会いでそのスランプを克服した。エリカとは幼少時代からの顔見知り。

アンジェリーナ=クドウ=シールズ

達也たちと同学年の少女ながらUSNA(北アメリカ大陸合衆国)の魔法部隊「スターズ」総隊長を務める、世界有数の魔法師。愛称はリーナ。

九亜

国防海軍の吉から脱走したところを、深雪たちに保護された少女。見た目は非常に幼く見えるがその正体は謎に包まれている。

その他

アメリカ側からのキャラクターも今回新たに登場しますね!特に「リーナ」は名前に「クドウ」と入っており、何かしら日本と縁がある人物だということがうかがい知れます。

「九亜」の読み方は「ここあ」です。「その正体は謎に包まれている」って記述を見ると、いかにもキーとなる人物だという感じがしますね。

そういえばPV第3弾で深雪が「私も九亜ちゃんの力になってあげたいと思います」と言っていました。どちらかと言えばこの子は達也側の重要人物だ…という姿が浮かび上がってきますね。

その他、達也や深雪のクラスメイトや、卒業した生徒会長と風紀委員長も登場する様子。

公開日はいつ?どこの映画館でやってるの?

アニメ映画『魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』の公開日は6月17日(土)です!
(すみません。もう公開しております~w)

シアター情報は公式サイトで随時更新されますが、現段階では、TOHOシネマズ系、新宿バルト9や梅田ブルク7といったアニメ映画ではおなじみの劇場はもちろんのこと、一部イオンシネマや一部MOVIXといった映画館でも上映されるようです。

それぞれの地方の中核都市を中心に上映されていますが、劇場数はそれほど多くなさそう。その分、公開初日などは1箇所に人が集中することが予想されます。チケの確保はお早めに。。

スタッフ

– 原作:佐島勤
– 監督:吉田りさこ
– 原作イラスト、キャラクターデザイン、総作画監督:石田可奈
– 脚本:佐島勤/ライトワークス
– 音楽:岩崎琢
– 美術:小倉宏昌
– 美術デザイン :谷内優穂/藤井一志
– メカニックデザイン:出雲重機
– CAD・サブキャラクターデザイン:ジミー・ストーン
– 3D監督:田中康隆(MAD BOX)
– 撮影監督:川下裕樹(MAD BOX)
– 編集:木村佳史子(MAD BOX)
– 色彩設計:野口幸恵
– 音響監督:本山哲
– 音響効果:古谷友二
– 音響制作:STUDIO MAUSU
– アニメーション制作:エイトビット
– 制作:劇場版魔法科高校制作委員会
– 配給:アニプレックス

キャスト

– 司波達也:中村悠一
– 司波深雪:早見沙織
– 千葉エリカ:内山夕実
– 西城レオンハルト:寺島拓篤
– 柴田美月:佐藤聡美
– 古田幹比古:田丸篤志
– 光井ほのか:雨宮天
– 北山雫:巽悠衣子
– 七草真由美:花澤香菜
– 渡辺摩利:井上麻里奈
– 十文字克人:諏訪部順一
– アンジェリーナ=クドウ=シールズ:日笠陽子
– 九亜:小原好美

主題歌

映画の主題歌は GARNiDELiA「SPEED STAR」です。

「お兄様」といえば「LiSA」と「ガルニデ」って印象がありますが、劇場版でもやはりガルニデさんが主題歌を担当することになりましたね!

こういうちょっと「硬め」「スケール大きめ」なファンタジー映画にはピッタリだと思います。

PV情報

PV第1弾

アニメ2期から季節が進んで、1年生の春休み。もうすぐ新学年です。新キャラさんが「助けてほしい」と言っています。そして満を持してお兄様の出番…というわけですね!

謳い文句は「そして司波達也は、伝説となる――」です。思いっきり煽りにきてるううううう!!!!

それにしても「テレビシリーズから3年」という言葉には驚きました。あれってそんな前だったっけ…!?

PV第2弾

リーナの休暇中の顔が見れます。そして彼女が向かうのは「ホノルル」らしい。

「都市消滅の危機」や「「最強(司波達也)」と「最強(リーナ)」がぶつかるとき」という言葉も見て取れました。

テレビアニメのなかで「達也に勝てる人はいないんじゃないか…」って思ってたんだけど、リーナはそれに比肩しうるだけの能力があるってことだよね。

PV第3弾

南楯島を舞台に、お兄様が大きく暗躍する陰謀と戦うんだな…ってことはよくわかりました。

達也「深雪、俺の封印を解いてくれ」
深雪「わかりました、喜んで///」

とりあえずこのシーンが見れただけで十分です。

その他

「司波達也スペシャルPV」というのがありました。一部の熱狂的なお兄様ファンのための動画です。サムネからして公式が狙いに来てるw

さらに「豆しば」と「魔法科高校の劣等生」がまさかのコラボ!

「豆司波達也」やめろwwwwww

公式サイト&公式Twitter

– 公式サイト:http://mahouka.jp/
– 公式Twitter:https://twitter.com/mahouka_anime

劇場版でも「さすがお兄様ですわ!」

『魔法科高校の劣等生』は「さすおに」「お兄様」などと連呼されるほど、スペックの高い「お兄様」司波達也と、お兄様大好きな妹・深雪が見どころの1つ。

劇場版でも完全無欠な兄妹コンビに期待しましょう♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。