「ユーリ!!! on ICE」1話感想 挫折の勇利を救う天使ヴィクトルとの出会い!

スポンサードリンク

2016年10月より放送がスタートした「ユーリ!!!on ICE」男子フィギュアスケートが舞台のストーリーとなっています。期待値も大変高く、高評価を保ちながら同年12月に放送を終えたユーリ。まだまだ記憶に新しいアニメですよね!一挙放送などもされていますし、話題作なのは間違いなしです!ここではネタバレも含みつつ、「ユーリ!!!on ICE」の振り返りをしていけたらと思っています。まだ見ていない方も、もう全話見た方も一緒に楽しみましょう!

第1滑走「なんのピロシキ!!涙のグランプリファイナル」

「ユーリon ICE」はここから始まりました。最終的に目指すのはこのタイトルのグランプリファイナルの1年後のグランプリファイナルです。その1年の間にいろいろな人間関係や主人公である勝生勇利の心境の変化などが混ざって実にいいドラマを生み出しています。最終回を見た後に1話を見ると、この頃の勇利からだいぶ成長したなぁ…なんて目線でも作品を楽しめます!ぜひ、これから全12話の「ユーリon ICE」を楽しんでいっていただきたいと思っています!

第1話の見どころは?!

まずは今回の第1話のあらすじからどうぞ!
グランプリファイナルでぼろ負けしてしまった勝生勇利。引退もささやかれているが、本人は今後のことを悩んでいた…。

ロシアのユーリ・プリセツキーにはグランプリファイナル後に泣いている姿を見られ、罵倒されたばかり。悩んだ勇利は拠点であるデトロイトを離れ、地元である長谷津に帰る。それでもスケートの練習をする勇利。リンクメイトの西郡夫妻のやっているスケートリンクだ。そこで勇利は憧れのロシアのヴィクトル・ニキフォロフの演技を再現する。西郡夫妻のスケオタ3人娘にその姿を動画で撮られてしまい、ネットにアップされてしまうが、これが勇利の転機となるのです…!


(勇利、ヴィクトルのFS再現を拡散される)

ヴィクトルが、勇利のコーチとなる、そのチャンスをつかむのです!

どこにでもいるスケーター?勝生勇利

本作の主人公、勝生勇利(かつき ゆうり)日本の23歳のスケーター。どこか気弱な面もあるが、キラリと光るものを持っていて、周りの助けも借りながら上を目指していく。

僕の名前は勝生勇利!どこにでもいるスケート強化選手で23歳www(どこにでもいない)

勝生勇利本人曰く、自分はどこにでもいるスケーターとのこと。多分どこにでもはいないのですが、弱小ぶりを説明している映像でそう言っていました。ところどころこのミニキャラの説明は入ってくるのですがこれがスケートを知らない視聴者でもわかりやすくて助かります!

二人目のユーリはロシアのヤンキーボーイ

ロシアのユーリ・プリセツキー、15歳。ジュニアからシニアへ上がる。最初は勇利とヴィクトルの関係んにも反対している。1話にて「ユーリは二人もいらない」といい、勇利の泣きじゃくる姿に喝…(なのかただの罵倒なのか)をいれる少年。

ユーリというファーストネームが2人いることから作品を見た人からつけられたあだ名は「ユリオ」
1話ではまだこの名前は出てきていないが、作中で呼ばれているので公式的愛称。
負けず嫌いで子供っぽい性格が目立つユリオですが、こっちのユーリも主人公の勇利同様、人間としての成長やスケーターとしての成長が見られる重要人物!

ロシアの最強スケーター!ヴィクトル!

ロシアの選手で27歳のヴィクトル・ニキフォロフ。世界選手権5連覇を成し遂げた男!「リビングレジェンド(生きる伝説)」という名をつけられるほど。勇利の憧れのスケーター。

しかし1話の中で、試合後インタビューでは「来年」のことが彼の中にはなく…彼の中の「来年」は勇利のコーチをすることだった!

この作品のキーパーソン。1話では勇利との会話や絡みもあまりないのですが、ここからがヴィクトルと勇利の見せ場になっていくんです!コーチですからね!期待以上のものを魅せてくれますよ!

手厚い歓迎をしてくれたのは?

勇利が長谷津についたときに駅まで迎えに来てくれた、この女性。ミナコ先生!勇利の母・寛子の先輩で、バレエ教室の講師。元バレエダンサーなのです。勇利のことを昔から教えていて、支えてくれたのもミナコ先生なんです!

1話ではミーハーな部分を多く見せていますが、実は結構勇利の手助けもするんですよ!

勇利のカツ丼wこれ食べたいなぁ~\(^o^)/

くっそかっこよかぁー!感動のゆうちゃん

勇利はスケートリンクの「アイスキャッスルはせつ」へ。ゆうちゃん(西郡優子)とのリンクメイトだったころを思い出します。お互いにヴィクトルに憧れた者同士。勇利の初恋の相手でもあるゆうちゃんにヴィクトルの演技の完コピを見せます。そのときのゆうちゃんの感激の言葉「くっそかっこよかぁー!」

それを聞いて想いを伝えようとする勇利でしたが…

ゆうちゃんには三人の子供が!あくせる・るっつ・るーぷの三つ子の娘!

しかもこの三つ子娘たちに勇利によるヴィクトルの完コピ動画をネット(きっとTwitter)に流されてしまうのです…!

長谷津に舞い降りたリビングレジェンド

動画を見た時に怪訝な顔をしているヴィクトルを見て不安になりますが、ここでなんと、勇利の実家の「ユートピアかつき」の温泉に入るヴィクトル登場!
そして「今日から俺はお前のコーチになる 」「そして、グランプリファイナルで優勝させるぞ」
入浴シーン、エロいです(笑)

最後の勇利の「彼はいつも僕をびっくりさせる天才 」というセリフには実は今後をにおわす鍵が…!

まとめ

1話のユーリでは、勇利とヴィクトルの出会いがメイン…というか鍵を持っているんですね。勇利の挫折からはじまり、あれこれ悩み、今後のことはどうするか決めていないという勇利ですが、アイスキャッスルはせつでゆうちゃんに見せたヴィクトルの演技の完コピは、やはりスケートを続けていきたいという意思のあらわれだったと思います。その様子がヴィクトルの目に入ったから、ヴィクトルは日本へきた…と思われがちですが実は違うんです!それは今後のユーリを見ていただきたいと思います!

そしてピロシキの映像がAパートとBパートの間に流れましたが、これも伏線はきちんと後半に回収してくれます!
ユーリon ICEは全体的な作画のクオリティーやスケートの演技のクオリティーもものすごく高いんですよね!そこがこの作品が人気作になった秘訣でもあるのではないでしょうか?
制作サイドのメッセージや作画、どれをとっても素敵な作品です!
2話以降も愛の溢れる作品となっていますのでぜひご覧いただきたいと思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。