『カオスチャイルド』2話感想 「ゆっくり」の動画で笑ってたらラストの惨劇が…

スポンサードリンク

第2話「事件が彼らを嘯く」

前回のおさらい

2016年、渋谷では不可解な「殺人事件」が2件発生していた。これら2件の事件が起きた日付は2009年に起きた「ニュージェネ」の連続殺人事件と同じ日付に起きていることに気づいた拓留は、事件を追う中で3件目の事件の第一発見者となってしまった。

あらすじ

拓留たちは、3つの事件が日付だけでなく、力士シールとの関連性があることも指摘した動画をアップした。これがシェアされ一気に再生数が伸びることとなる。さらに拓留たちは3件目の事件の現場にいた有村雛絵と刑事のやり取りを聞き取ることに成功する。そんななか、4件目の事件が起きてしまう…!

力士シールの謎に迫る!まさかの「ゆっくり」音声

アヴァンではいきなり「ゆっくり」の音声による動画が始まります。この声久しぶりに聞きましたw

渋谷地震の前、2007年頃から騒がれていた「力士シール」についてまとめた動画です。動画内では「力士シール」が事件と関連あるのではないかと指摘しています。1件目の「こっちみんな」事件、2件目の「音漏れたん」事件、3件目の「回転DEAD」事件という3つの現場の現場をちょうど覗くことができる角度から貼られていたというのです。なにそれ怖い…。

さらにこの3件の事件が「力士シール」だけでなく、「ニュージェネレーションの狂気」という連続猟奇殺人事件と日付が一致しているという共通点まであぶり出した動画です。約2分間も「ゆっくり」による音声で解説をつけた動画は、まさしく「ニコ動」って感じでしたね!

動画  出典:chaoschildanime.com

アップロードして24時間近く経ったあと、動画の再生数を見るとたったの「5」。残念ながら身内しか見てないってレベルでした。

力士シールは沢山のデザインの種類があります。しかし「渋谷の壁一面に貼られていたものと、事件現場に貼られていたものとデザインがまったく同じ」だというのです。事件との関連性があるのかもしれません。

メイドカフェに縞パンの女の子ww

第3の事件の現場に居合わせた有村雛絵。学校まで話をしにきた刑事さん(神成岳志)に気づき、「アディオスグラッシャー」と謎の挨拶を残して去っていきます。2人は目を逃れるため近くのメイドカフェに行くことになりました。

カオスヘッド らぶCHU☆CHU!!に登場するエリンが店員として登場!誰?と思うかもしれませんが、れんちょんではありません。一見普通のメイドさんっぽいのですが、なんと後ろから見るとスカートがなく縞パン丸見え、しかもランドセルと、かなり攻めてますww

よく来たのう。好きなところに座るといい。  出典:chaoschildanime.com

さて、拓留たちも同じ店に入り、刑事と雛絵の会話から断片的とは言えかなりの情報を盗み聞きしていました。拓留の回想では、壁にも地面にも所狭しと貼り付けられた力士シールが登場。一斉に目を開いたシーンとかホラーかよ…。

ケイさんの「渋谷にうず」

澪は匿名で「渋谷にうず」という動画配信をやっていて、連続猟奇殺人事件を何度も取り上げているので、拓留たちもチェックしています。そこの動画内で、拓留たちの動画が紹介されました。一気に再生数がのびていきます。ちなみに澪さんは量子脳の研究をしているんだそう。

投稿当初は「5」しかなかった再生数も、いまや「10万」を超えています。「落ち着けよ、10万ぐらいどうってことないじゃないか」「震えてんじゃねーか」とテンポのいいやり取り。松岡禎丞さんのこういう演技好きですw

おっ、落ち着けよ。10万ぐらいどうってことないじゃないか。  出典:chaoschildanime.com

パクられたにも関わらず、拓留たちが「パクった」扱い。これは見ていて気持ちいいものじゃなかったけれど、身近なウワサ話ってのはそういうものなのかもしれません。身につまされる思いがあります…。

ともかく、有名になったことで動画の投稿主である拓留たちのもとに情報が集まります。「力士シールの作者はk-lexではない」「その犠牲となった尊敬すべき作者はAH東京総合病院にその身を置いている」など、中には有益そうなものもアリ!

有益そうな情報だが、果たして?  出典:chaoschildanime.com

家族の絆

事件にかかりっきりの拓留は家に帰ってきません。

「小学生の時学校にあまり行ってなかったっていうけど私が行けるようにする」「もしあの子をいじめる奴がいたら私がやり返してやる!」と妹が弟に向かっていっていましたが、あれは乃々が昔放った言葉だったんですね。

拓留は昔、長期昏睡でから目覚めたとき心をひらかなかったそうですが、乃々の一言で少しずつ変わり始めたんだといいます。家族の絆、いいですね。

もし、あの子をいじめるやつがいたら、わたしがやりかえしてやる!  出典:chaoschildanime.com

そして掃除や買い物も当番制だったみたい。家にいない拓留のぶんはすべて弟と妹が引き受けているんだそう!健気でかわいいとおもいます。あたたかい家庭だな。。

衝撃的すぎるラストが…

力士シールが貼られた場所で事件が起きているのであれば、壁一面に力士シールが貼られていた場所が次の現場になるはず。そう踏んだ拓留たちは、予め力士シールの場所にカメラを設置していました。

なんとその現場で犠牲になったのは乃々だったのです!!!刺されたところで次週へ続く…!!その終わり方は気になる!!!!

ふりかえりと今後のストーリーについて

中盤、澪はこんなことを言っていました。ネットの利用者は全体の7割、10代では8割、20-30代では9割に達する。どれもTVを上回っており、新聞を毎日読むのは全体の1割未満。したがって、若年層は普段手に入れる情報をネットだけに依存しているというのです。

それゆえ、ネットから発信する情報である程度操作できるのだといいます。思わず「あ、自分もそうだ」って思っちゃうような指摘ですね!ニコニコ動画やTwitterなどを扱いながら、「ネットと現代」というテーマをネット側の人間が描く作品もそう多くはないので、見ていておもしろいものでした。

力士シールがあまりにも怖い、というのも今回の感想として外せません。そもそもまだ2話なので手がかりが少なすぎますね。

しかし、なによりも今回衝撃的だったのは何と言ってもラストでしょう。乃々が刺されたのはあまりにも予想外でした…。それにしてもカメラを回収しにいった乃々が刺されたということは、この事件の引き金を引いたのはある意味で拓留ということになるのかもしれません。刺された瞬間はバッチリとカメラに収められているので、事件の手がかりは入手できたことになるけれど、あまりにも代償が大きすぎます。

気味悪いシールの謎を追う  出典:chaoschildanime.com

ともかく、事件を知った拓留はどんな反応をするのでしょうか。次回の放送を待ちましょう。。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。