「ラブライブ!サンシャイン」2期5話動画感想 梨子とヨハネと、そして犬

スポンサードリンク

第5話「犬を拾う」

ヨハネは嵐のなかで犬を拾いました。ヨハネは犬が苦手な梨子に、家で犬をしばらく預かってもらうよう依頼するのですが…!?

一方で、自分たちの殻を破らないといけないAqoursは、新しいコンセプトを探していました。

そのコンセプトはどうやら見つかったようですが、それはどんな内容だったのでしょうか?

よしりこ(ヨハネと梨子)コンビ!

ありがと、ヨハネちゃん (C)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

第5話を1つの角度から見ると、いわゆる「よしりこ回」でした。

その名の通り「善子」と「梨子」のペアだから「よしりこ」。2人ともAqours内のユニットである「Guilty Kiss」というユニットに属しています。

  • ユニット曲「Strawberry Trapper」では「ヨハネ、召喚!」という梨子のセリフが登場したり
  • ヨハネはともかく梨子にも同人誌を漁るなど「オタク」っぽい共通点があったり
  • 親同士が仲良さげだったり(2期1話参照)
  • スクフェス(原作ゲームアプリ)公式でもそれっぽいやり取りがあったり

どうやら一部界隈ではかなり熱を帯びて盛り上がっているよう(*´ω`*)

どれもこれも知ってたことだけど、「よしりこ」という界隈が存在していることは全く知らなかった!

この2人の組み合わせを楽しむことのできる回だったのではないでしょうか。。

梨子「ありがと、ヨハネちゃん」
ヨハネ「善子!…あれ?」

μ’sで2人組といえば個人的には「にこまき」「りんぱな」なんだけど、Aqoursなら「よしりこ」もけっこう強いなって思いましたw

中二病でも信じたい!

第5話を違う角度から見ると、Aqoursの「偶然」「奇跡」「見えない力」に焦点を当てた回でした。

風に飛ばされた傘を追いかけていくと、その先にヨハネが見つけたのは迷い犬。

そのときのヨハネの表情は「かわいいワンちゃんを見つけて嬉しい」という気持ちなのかと思っていたけれど、「これって運命なのかも」というトキメキのようなものだったのですね。

優しい表情 (C)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

自分の不運に理由づけをするために自ら作り上げた「見えない力」、すなわち中二病を信じられなくなりつつあったヨハネだけど、犬を見つけたときに「見えない力」を感じたのだという。

ヨハネの中二病語りはまるで「『中二病でも恋がしたい!』みたいだな」ってふと思い出しました。そして調べてみると両方とも脚本・シリーズ構成が花田十輝さんという共通点がw

もひとつ余談だけど、犬のことを梨子が「ノクターン」、ヨハネが「ライラップス」と名付けていたのもまた個性的でいいなと思いますw

「運命は必然という偶然でできてる」

その一方で、果南と千歌も、Aqoursの新たなキーワードを発見。それは「偶然」でした。

果南の「偶然が重なってここまできた」という言葉を千歌が反芻していた直後、それを覆すかのように、その偶然は必然であったと梨子は説くんですよね。

梨子「もしかして、この世界に偶然ってないのかもって思ったの」
千歌「偶然は…ない」
梨子「いろんな人がいろんな想いを抱いて、その想いが見えない力に引き寄せられて、運命のように出会う
梨子「全てに意味がある、見えないだけで、きっと」

つまりAqoursがここまで来られたのは「偶然」かもしれないけど、「アツい想いを抱いてなけりゃ、偶然なんて起きないんだぜ!」ってこと。

「Aqoursは偶然が重なってここまで来た」という言い方でも十分にきれいだし、そこを結論としてもよかったんだけど、そこで終わらずにもう1つ先のところまでいったのが第5話のおもしろいところ。

(C)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

梨子とヨハネが「あんこ(またはノクターン、ライラップス)」という名前の犬を拾って世話しなければ、「偶然にも意味があった」「見えない力に引き寄せられた」という帰結にはなりえない。

そして「運命のように出会う」という梨子の言葉は「これは絶対に偶然じゃなくて、何かに導かれてるんだって、そう思った」というヨハネの言葉があったからこそ!

重層的なストーリー進行であればこそ、一見なんの関連性もなさそうな2つの物語がキレイにまとまって、1つの結論に至りうる。

なんだか「運命は必然という偶然でできてる」というYUKIの「JOY」の歌詞の一節を思い出しました。

第5話を単に「よしりこ回」「しいたけを触れるようになった回」とだけ捉えるのはもったいないと思います。

ダイヤがガラケー

ガラケー懐かしいw (C)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

おもしろかったシーンその1。

第4話でついに「ダイヤちゃん」呼びをされるようになったダイヤ。第5話で早速そのシーンがあるか!?…とドキドキしながら身構えてたけど、そんなシーンはありませんでしたねw

かわりに、と言ってはなんだけど、今回気づいたのはダイヤがガラケーだということ。

さすがにLTEかWi-Fiを拾って通信してると思うけど、パケット通信時代にガラケーで動画再生させるのに苦労した世代なので、ガラケーで普通にSaint Snowの動画を再生してたからちょっとびっくり。

鞠莉のメガネ

待てば海路(カイロ)の日和あり (C)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

おもしろかったシーンその2。

鞠莉は体を動かすことのほうが得意なようで、長い話が苦手(2期3話などを参照)。

ラブライブの会議をしていてもメガネをして寝ていました(゚∀゚)

しかも、まさかの2重アイマスクwwww

梨子、安定の顔芸

ここ好き (C)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

「あんこ」に追いかけられる梨子

1回目は (><)←この顔
2回目は (目◇目)←この顔

個人的には1回目の顔が、凛ちゃんを思い出していいなと思いましたが、2回目の顔芸の方もそれはそれでよかった()

ずら丸、堕天

リトルデーモンずら丸 (C)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

おもしろかったシーンその3。花丸がついに堕天しましたwww

花丸「まさか悪霊に取りつかれたずら?」
ルビィ「なんかちょっと善子ちゃんっぽいね、花丸ちゃん」
花丸「ずらっ」

とはいえ「悪霊に憑かれた」ってあたりがちょっと日本的、ずら丸っぽいかもw

ちゃんと練習してる

ちゃっかり、学校の屋上や沼津のスタジオで練習してるシーンが出てくるんですよねえ。

こういうの見ると「あ、進歩してるんだ」って思います。

たとえば、アニメ「けいおん!」って軽音楽部として楽器の練習してるシーンがあんまりない。ずっとお茶してる。

別に、自分は『けいおん!』というアニメにおいて楽器や歌の練習シーンを描く必要もないと思います(それはこのアニメの主題じゃないから)。

でも、『ラブライブ!サンシャイン!!』においてはダンスや歌のレベルがある程度高くないといけないので「練習」を描くシーンがあって良かったなあと思います。

ふりかえりと今後のストーリーについて

よしりこED (C)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

見えない力(脚本の力)

…というのは冗談で(

アツい想いをもっているからこそ奇跡はおきるし、偶然にも運命にも恵まれる。見えない力に導かれる。そういう風に言われた気がします。

自分も何かをがんばりたくなるアニメですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。