成長が止まらないオンラインカジノ業界!成長が止まらないオンラインカジノ業界!

COVID-19が世界のありとあらゆる業界を苦しめる中、オンラインカジノ業界はパンデミックの影響とは裏腹に成長の絶えない業界の一つです。2020年には時価総額73億円を超え、現在の成長速度や傾向から、6年後の2026年には10兆円まで上昇するのではないかと経済の専門家は考えています。そう考えますと、オンラインカジノ業界は先が明るい業界なのかもしれません。

 

オンラインカジノが人気になる理由

 

オンラインカジノは、名前の通りカジノという単語がつき想像ができるように大人の娯楽の一つです。ギャンブルということもあり、運という要素に左右されるため運試しにチャレンジする方が多いそうです。ランドカジノの業界がうまく成長すると同様、オンラインカジノ業界も成功するのではないかという声が沢山出ています。言うまでもなく、イノベーション無くして成功はあり得ませんが、現在のオンラインカジノのイノベーションは素晴らしいものと言えます。カジノゲーム自体は変わりませんが、ゲームプロバイダー会社の提供するライブカジノやスロットは、本場のカジノサービスをオンラインで提供できるサービスとなっており、大人気となっています。

 

オンラインカジノは仮想通貨も採用している

 

実はオンラインカジノでは仮想通貨を一昔前から採用しています。2013年に最初の仮想通貨が使えるオンラインカジノが立ち上げられて、当時はビットコインの価格が1000円を少し上回る金額でしたが、オンラインでカジノができる新世代のギャンブラーの方にとっては十分魅力的な報酬でした。それから、仮想通貨を取り扱ったオンラインカジノが増え、2015年には全てのライセンスを取得した仮想通貨オンラインカジノが開始され、ビットコインスロットボーナスなどでプレイヤーを引きつけています。

現在、2021年では多くのオンラインカジノでも仮想通貨は重要な決済方法とされています。厳密にいうと、ドルやユーロなどの通貨しか取り扱っていなかったオンラインカジノも、仮想通貨取引所を通して仮想通貨を扱うようになりました。そのため、普通の通貨と仮想通貨の両方が使えるようになりました。ですが、これらに対する唯一の制限があり、プレイヤーが登録されている国内での仮想通貨の認可があるかによって左右されます。

 

パンデミックでの状況下での新しい娯楽

 

コロナ禍のおかげでオンラインカジノ業界が成長したと思われる方もいるかと思います。ですが、オンラインカジノはランドカジノのギャンブルを決して変えられる代物でもありません。でも、コロナの影響もあり、国境が閉鎖するなどの対策により、多くのギャンブラーが余儀なくためさせられました。

ランドカジノが利用可能ですと、普段ランドカジノへ行かれている方は間違いなく、オンラインでアカウントを作成するよりもランドカジノを訪問することでしょう。2020年では、多くの国が渡航許可に制限をかけたり、ランドカジノ自体閉鎖したりしたため、仕方がなくオンラインカジノを利用するギャンブラーが出てきました。

オンラインカジノは全てがオンラインのプラットフォームで行われるため、パンデミックでは営業を停止する必要がありませんでした。誰もが、お気に入りのゲームでベットできたり、ブラックジャックに挑戦したりすることができます。そのお陰で、新しい大人の娯楽として、オンラインカジノ業界は成長しています。

 

オンラインカジノはテクノロジーとともに成長する

 

ビットコインスロットボーナスのような、斬新なボーナスを駆使し、新しい客を引き付けたり、既存の顧客の体験を向上させたりと、テクノロジーとともに新しいサービスを提供しています。オンラインカジノ業界のリーダーの新しい目標は、次のステップとしてオンラインギャンブルを新しいレベルまで引き上げることです。まだまだ、曖昧なアイデアで「新しいレベル」が何を指すのかわかりませんが、オンラインカジノのこれからが気になります。

ゲームをカジノ業界に提供するゲームプロバイダーは、スロットゲームをより魅力的にする方法や、ライブディーラーゲームをより利用しやすくする方法を模倣しています。プロバイダーは、プラットフォーム自体、魅力的に作り上げることに力を入れており、ただいまバーチャルリアリティとスキルベースのギャンブルゲームに取り組んでいるそうです。

 

投稿者 aniadmin