「おそ松さん」2期2話動画の感想 めざせ生主!YouTuber!

スポンサードリンク

第2話「祝・就職!」「超洗剤」

今回は2本立て。タイトルからして「ニートネタ」ってのは明らかですが、第2期ではどんなニートネタが飛び出すのでしょうか。

そして「超洗剤」を飲んだおそ松たちの体にはある異変がおきて…!?

働けニート

第1期の第2話でもニートネタがありましたが、第2期の第2話もニートネタでした!

松代と松造が冒頭から登場。さすがに親も「お前らはたらけ」って言ってるみたいで、テキトーなこと言うとマッマに包丁で乳首刈り取られる事案がwww

カーチャンこわい ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

ちなみに、トッティだけは自分から乳首引きちぎって自害してて、それはそれで笑いました()

おそ松たちの親は、六つ子ニートをどう思ってるんだろうって気になってたんだけど、そりゃまあ「はたらけ」って話にはなるよね…(^_^;)

動画配信で一儲け!

在宅で稼ぐ手段を考えた末に行き着いたのが、動画配信。すっかりイマドキなネタを入れてくるあたりは流石だと思います。

ちゃっかり自分のチャンネルをもってるトッティさんの配信した動画を使って、おそ松たちが動画デビュー!これで就職だ!!と意気込む六つ子たち。

イマドキの子供って、将来の夢がYouTuberだったりするらしいからね。それ1本で稼ぐってかなり難しいと思うけれど、六つ子たちはそこに果敢に挑んでた。

人気生主?YouTuber? ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

これが、こいつらの、就職だッ!!!

おでんにお酒。気分が良くなりすぎて「全裸マン」とか言って服を脱いで動画配信し始めて、通報されてBANされた6人は一夜にして就職→失業となったのでした。

ハロワに向かった厄介系

1回就職してるんだから、ハロワで失業保険もらえるんじゃねえの?…と考えたおそ松さんたちは、全員でスーツ姿で、キメ顔でハローワークへ!

十四松ですらそこそこキリッとした顔してるの草 ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

こういうときだけムダにカッコつけるの、嫌いじゃない。

もちろん失業保険なんて当然出ないんだけど、それを不服にした6人がハロワの職員と言い合いになる展開に。

そして大モメしている様子をチビタに動画に撮られていて、自分たちがライブ配信のネタにされるという、なんとも醜いEDでした(

イヤミを追いかけた先は

イヤミが手にしたのは「超洗剤」ってやつ。デカパンとダヨーンも登場。意外と有能なんですよね、こいつら。

余談だけど、ダヨーンがこういうときにメイド服着てるのは笑う(

パーティに向かう途中のイヤミとおそ松たちが遭遇して、何かを嗅ぎつけた六つ子たち。

シェー!!!! ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

イヤミをつけていった先では「全日本出っ歯総会」のパーティが開催されていた。出っ歯総会って何する組織なんでしょうね…。そして、イヤミさん余裕で会長とかになれそう(偏見

透明人間、なりそこない

そこでイヤミの持っていた「超洗剤」を飲んでしまった六つ子たちは、家に帰ったあと透明人間になっていきます。

その過程で、進撃の巨人みたいな透け方をしたり、髪の毛のハゲ方が6人とも違ったりして、そういうところにも密かに遊び心を感じたりした(

最終的に、完全には透明人間になりきらない…というところに今回の話が面白くなるポイントがあった。内蔵や脳など、一部が透明にならなかったのですよね。

丸見えなんて恥ずかしいです/// ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

キモすぎワロタwwww

瞳が違うから、トッティはわかる(

ペンキ松がやばい

「透明になったんなら、ペンキ塗ればよくね?」ってことで、ペンキ松たちの誕生。

トッティのまつ毛とキラキラの瞳もオモシロイと思ったし、カラ松のグラサンも特徴とらえてるよなあと思ったけど、一番笑ったのはチョロ松の「シコ」でした。ド直球www

左から、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松 ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

色が混ざってたり、微妙にペンキが垂れてる感じが、またいいですね。ペンキ感がよく出てる。そして「おそ松」を描くのが一番難しい、と言われていて、主人公可哀想な展開に(

主人公はキャラ付けしないでいい、ベースとなるキャラクターだから、没個性的になりやすいんですよね。未だに六つ子の誰が誰か怪しくなる時があります(

アニメで「ペンキで着色した人間」を表現するってけっこう難しいと思うんだけど、よく出来てるなあって割と素直に感心してました。

結局、そんなふざけた見た目になってしまったのを誰にも気づいてもらえず…というのがオチでしたw

終わったときは「これで終わり!?」と思ったけれど、それがいい。それでこそ1話完結アニメだなあと思います。

普段はトド松とおそ松の見分けがつかないイヤミですら、すっかり見分けがついている…というところに、何よりも現れています。

ふりかえりと今後のストーリーについて

ニートネタ、そしてイヤミさんのちょっとした「お当番回」でもあったと思います。

時事ネタ的にはYouTuberってのがありましたね。

頭を空っぽにして見られる…という意味で、おそ松さんみたいなアニメは定期的に見たくなります。気楽に見られるアニメ、楽しくていいよねw

ちなみに、「おそ松さん」2期は見逃し配信もありますよー(*^^*)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。