「おそ松さん」2期12話感想 まさかトムとジェリーが見られるとはw

栄太郎 十四松

スポンサードリンク

トト子とニャー③/栄太郎親子/返すだス/トト子とニャー④

おそ松さん2期12話の動画を視聴したので感想を書いていこうと思います!

Aパートは十四松回特有の不思議なテンポで進む一方で、Bパートはデカパンとダヨーンの追いかけっこで意味不明w

Bパートは完全に「トムとジェリー」でしたね。

トト子とニャー(アヴァン)

Cパートに挿入されることの多い「トト子とニャー」は、今回まさかの2本立てでした。

いつも自分の上を行く「ニャー」とは犬猿の仲の「トト子」。この2人は通称「トトニャー」だったりするんだけど、だいたいいつもケンカばっかりですよねww

今回は、珍しくトト子が悩みを打ち明けて、ニャーが話を聞こうとする…という展開に。

どうあっても構ってほしいんだろうな… ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

そのときにトト子が「わたし悩んでます(チラッ」とアピールをしながら、ニャーに擦り寄っていってるのがおもしろかった。「なんか悩んでるの?」っていったら「いや悩んでないんだけど〜〜〜」とか言っちゃう女の人っているよねww

それにしてもこの2人がお悩みトークとは、チビ太もそうだけど視聴者も驚きましたよねえ。

…と、思うじゃん?

トト子とニャー(Cパート)

トト子とニャーの犬猿の仲が改善されることはなかった(

結局どんな悩みだったのかはカットされたけど、トト子の悩みを聞いたニャーは、慰めてあげるどころか宣戦布告www

宣戦布告キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

「しらねーよバーカ!!!」とでも言いたげに、おでんの具を投げつけるニャーの挑発行為を皮切りにバトル勃発!!!やっぱこの2人はこうでなくっちゃね(^O^)

途中で「ビール瓶で殴る」という時事ネタを入れてきたり、なんかわりと色々あった()

一番災難なのは、2週連続で髪の毛が抜けたチビ太でしょうね。。おでん屋さんぶっ潰されてて草。

十四松回は深い

「彼女ができた」など、なんかわりと十四松回は深いというか、他の兄弟のお当番回とは違った魅力がありますよね(2期だとジュウシルカの回とか)。

今回は、子供のスターになる十四松の回でしたw

あのぶっ飛んだフィジカルとキャラクター。自分も結構好きだけど、ハマる人にはすっごくハマりそうな感じがします。。

十四松回はおもしろい

十四松回は独特のおもしろさがありますよね〜。とりあえず勢いでなんとかなるやろ!的なノリ、嫌いじゃない。

特に、ママと栄太郎と十四松の3人で喋ってるときの、十四松の焦りようがおもしろかったwww

おそ松さん 栄太郎

栄太郎めっちゃ染まってて草 ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

「ニート」のことを「二塁手とショートの間、だからニート」「独立リーグのプロ野球選手」とか持っていくところまでがすごすぎました。おまえは天才かΣ(゚Д゚)

一応、一松とトッティは見守ってたけど、変に介入しなかったからほぼ十四松だけで話が進んでいく感じがまた新鮮でした。

ママ、まさかのファンにwww

まさか最後のオチで栄太郎のお母さんが「弟子にしてください」って言いながら、十四松を出待ちするようになるとは予想外すぎたww

ベリーショートの髪型で、きれいなお家に住んでいて、明らかに気品のある感じのお母さん。十四松とは対極だもんね〜。だからこそ魅力を感じた…のかもしれない(

だから、ニートの十四松をかわいい息子である栄太郎から引き離そうとしていたんだと思ってたけど、その逆。栄太郎が学校に溶け込めるように協力を求めたのだった。

栄太郎 十四松

マッマ何してんのwww ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

そして栄太郎が十四松の弟子に入ったあとも全面協力していたところで、この人やべえな…って感じたw

でも十四松のセーターを来ているのは似合ってると思う。

「返すだス」は完全にトムとジェリーだった

「返すだス」はデカパンのパンツをダヨーンが取り上げて、それをひたすら追いかけまくる…という話だった。

捕まえて…ごらんなさ〜い! ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

汚い(確信)

一見すると「何だこの話は…」という感じでよくわからないかもしれないんだけど、かなり「トムとジェリー」に寄せたテイストになっていたことがわかります。

幼少期に1回ぐらい見たことある人も多いんじゃないでしょうか?こんなやつね。

どうでもいいけど、デカパンってパンツ取られたらアイデンティティ崩壊してしまいますよね!(どうでもいい

ずーっと「ダヨーン」「ほえ〜」ばっかり言ってて、声優さんが大変そうだったww

ふりかえりと今後のストーリーについて

おそ松さん トムとジェリー

「トムとジェリー」っぽさ ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

十四松回でもあり、デカパンダヨーン回でもあり、どっちもなかなかおもしろかった!「バラエティ」っぽさのある30分だったと思います。

そして、トト子とニャーの関係にも進展があったようななかったような…!?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。