「おそ松さん」2期1話動画の感想 ちゃんとしたアニメになったよ!(大嘘)

スポンサードリンク

第1話「復活!おそ松さん」

2年ぶりにアニメ化されることになったおそ松さんたち。彼らは相変わらずニートで…!?

相変わらずくだらねえな(笑)

「おそ松さん」第2期の前の舞台挨拶で監督はこんなことを言っていました。

「深夜に、相変わらず『くだらねえな(笑)』と楽しんでいただけるような作品にしたい。応援をいただける限り、松野家のくだらない日常を描いていきます」

引用元:http://anime.eiga.com/news/104409/

第1期もそうだったけど、見てて普通におもしろいから困る。 相変わらずくだらねえ。だがそれがいいw

第1期1話の構図、再び

いきなり画面に写ったのは白黒テレビ。そして昭和が舞台の「おそ松くん」たち。おそ松の「大変だー!」から始まる第1話。

大変だー! ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

まるで第1期の第1話を思い出させるようなスタートでしたね。でも微妙に違っていた。

  • 第1期:復活!おそ松くん
  • 第2期:復活!おそ松さん

第1期の1話で復活したのは「おそ松くん」で、第2期の1話で復活したのは「おそ松さん」だったw

さて、パロディネタのオンパレードだった第1期の第1話は「やりすぎ」と判断されたのか、BD/DVDにも収録されず、ビデオオンデマンドなどでも配信が見送られるなど、大暴走だった。

第2期の第1話もそのぐらいぶっ飛んだことをやってくれるかと思ったけど、さすがに自重し気味だったと思います。

とはいえ「いやー人気出ちゃったわー」みたいなことを否定しないあたりは流石だと思いました(

調子に乗っちゃだめー

イヤミとチビタが松野家の前を通りかかると、なぜか人だかりができていて、松野家も豪華にリフォームされていた。

おそ松さんはいつの間にか人気ものになり、大金持ちになっていたのでした!!そして群がる女のおまいらwww

おまいらネタにされてんぞ ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

第1話のナレーションのなかで「一発当てた」「人気者」「大金持ち」などの言葉が飛び出し、第1期の売上を否定しないスタイルの公式さん。あながち間違ってはいない。

「ちょっとだけ人気が出て」なんて、ずいぶん控えめに言ったもんですよ。

時代の売れっ子、おそ松さん

調子に乗ってた六つ子、予想の斜め上でしたw

– おそ松(デブ)
– カラ松(歌手(笑))
– チョロ松(ただのオタク)
– 一松(死にかけ)
– 十四松(巨大化)
– トド松(アイドル)

十四松の存在感ww ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

急にカネを手にして豪遊するスタイルで、変わりきっていました()

金の亡者たち

そして周りの人間まで天狗状態になっていた。

トト子とハタ坊は高額なグッズを売り出して「品質なんてどーでもいいんだよ!」と殿様商売。

どーでもええねん、クオリティとかぁ!! ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

松代と松造も、デカパンとダヨーンも調子に乗ってて「おまえら関係ねーだろ!」とツッコみたくなったのは内緒。

「あ、ブスは帰っていいよ(直球)」と本人たちまで調子に乗ってる。…などなど、自分たちのブームを天狗発言にしてネタにしていくスタイルがおもしろかった。

総じて「何故か女性から人気が出たおそ松さん」と「ネットで男性からから総叩きにあうおそ松さん」って構図をよくネタにできていたと思います。終始ゲラゲラ笑ってました。

ちゃんとした結果www

調子に乗ったら総叩きにあったので、おそ松さんたちは「ちゃんと努力して生きよう」と決意するんだけど、そこでもひと波乱あった。

– やる夫みたいなおそ松
– SF風カラ松
– 入れ替わりチョロ松トト子(90年代作画に、「君の名は。」を意識?)
– ファンタジー系一松
– 3D十四松(めっちゃお金かかってそう)
– 実写トド松

実写トド松で死ぬほど笑ったwwww

一番右の存在感 ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

それにしても実写トド松の中の人は誰なのか…。

一応「ちゃんとした戦闘」ってことで、ニチアサ的ヒーロー展開でした。色々入り乱れすぎてカオス。

ちゃんとしたメカ ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

それにしてもロボ戦闘のパートの描写めっちゃ気合入ってましたね…。おそ松さんは第2期からサンライズアニメになったのか…(違

調子に乗ってもクソ ちゃんとやってもクソ

調子に乗って叩かれたので、「ちゃんとした」路線でやってみたものの、それでも叩かれる。

おそ松さんアンチのみなさんです ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

こうして「調子に乗ってもクソ ちゃんとやってもクソ」という状況になったのでした。改めて、遠藤綾さんのナレーション好きだなあ…と感じます。

結局ダラダラやっていこうぜってことになったのでした。まあ、そうなるよね。

EDが豪華すぎる

■「ROOTS66 Party」参加アーティスト
友森昭一、宮田和弥<JUN SKY WALKER(S)>、大槻ケンヂ<筋肉少女帯・特撮>、福島 忍<勝手にしやがれ>、中川 敬<SOUL FLOWER UNION>、増子直純<怒髪天>、田島貴男<ORIGINAL LOVE>、田中邦和<sembello>、塩谷 哲、斉藤和義、田中知之<FPM>、渡辺美里、スガ シカオ、ABEDON<UNICORN>、阿部耕作<チリヌルヲワカ>、伊藤ふみお<KEMURI>、沖 祐市<東京スカパラダイスオーケストラ>、斉藤由貴、吉井和哉<THE YELLOW MONKEY>、たちばな哲也<SPARKS GO GO>、八熊慎一<SPARKS GO GO>、奥野真哉<SOUL FLOWER UNION>、田中 和<勝手にしやがれ>、木暮晋也<HICKSVILLE>、谷中 敦<東京スカパラダイスオーケストラ>、トータス松本<ウルフルズ>、tatsu<レピッシュ>

引用元:http://osomatsusan.com/discography/detail.php?id=1015172

ヒエ~ッwwwwww

豪華すぎて卒倒するレベルです。よくこんなメンバー集めてこられたな…と思ったら「66年生まれの人を集めたよ!」ってことらしい。大物ばっかりやん。

ある意味一番度肝を抜かれたかもしれません。

ふりかえりと今後のストーリーについて

「おそ松さん」が戻ってきた ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

一応、第1話のメッセージのようなものを汲み取るのであれば「第1期で成功したけど調子に乗らないよ、でもちゃんとやらないよ」ってことなんだろうと思います。

「これでいいのだ~!」とか言ってたけど、よくねーよ!(褒めてる

第2期も色々やってくれそうで楽しみですね!

ちなみに、「おそ松さん」2期は見逃し配信もありますよー(*^^*)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。