エロマンガ先生 3話動画 感想 全裸のエルフ!これはサブヒロインの予感…!

スポンサードリンク

今回のエロマンガ先生は、紗霧よりもエルフがメインでしたね。だんだんとエルフのキャラもわかってきましたが、これはツンデレなサブヒロインになる予感がしました。さて、そんなエロマンガ先生、今回も感想に参りましょう!

第3話「全裸の館と堕落の主(あるじ)」

まずは前回の第2話のあらすじからどうぞ!
正宗がラノベ作家で、紗霧がイラスト担当のエロマンガ先生であることがわかった2人。これからもタッグを組んで一緒にラノベを作っていくと思われていた。

そんなある日、紗霧のクラスメイトで委員長をしている神野 めぐみが押しかけてくる。どうやら紗霧を学校に行かせたいようだが、紗霧はめぐみに苦手意識を抱く。

めぐみは正宗を誘惑するかのような発言をし、それを紗霧に聞こえるように話す。紗霧はかなり怒った様子で部屋の床を踏みつけるが、部屋からは出ない。

神野めぐみのいやらしい笑いw © 2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

めぐみはその後、和泉家から出ていくがまたしても事件が!
正宗は新しいラノベの案を提出するべく、編集部へと足を運ぶ。するとそこにいたのは人気ラノベ作家の山田エルフ。
この編集部の担当ではないはずのエルフは、なぜか編集部でダダをこねている。
エルフはエロマンガ先生と仕事がしたい!と言い、イラストを描いてもらっている正宗に宣戦布告するーー。

第3話 今回の見どころは?!

今回の第3話のあらすじから参りましょう!
めぐみがクラスメイトを連れて和泉家にやってきて、紗霧のことを呼ぶが学校にも行かない。

回覧板を渡してくるめぐみ。直接渡さない近隣に疑問を抱き、この一帯は呪われているという正宗。
すると、隣の空き家も不幸がありだれも住んでいないことを話す。その後、隣に空き家からピアノの音が聞こえる。怖がる紗霧に代わって様子を見に行く正宗。

なんと家でピアノを弾いていたのは全裸のエルフ!隣近所であることがお互いにわかり、正宗はエルフの家へ上がる。
そこでどちらがエロマンガ先生とタッグを組むか、エルフから勝負を挑まれる。(エルフが喧嘩を売ってきた)

勝負よ! © 2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

エルフの家からは紗霧の部屋がよく見え、紗霧が作業をしているのもわかる。(正宗には絶好の場所かも)
エルフはエロマンガ先生に小説を読んでもらうため、エロマンガ先生の正体に迫る。

まだ紗霧=エロマンガ先生とは気づいてないエルフだが、紗霧を褒める。
正宗は小説に対する思いを語る。親の死や紗霧の引きこもりというきつい自体になったときにエルフの小説を読んで笑えたことから、小説は人を救えると気づいた。

エルフの小説を読んでファンになった政宗 © 2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

そしてエルフはやる気のない時に書いた文章はつまらないというスタンスで、やる気のない時はやらないという。正宗が毎日仕事していることを否定する。
エルフは趣味で小説を書いているという。それに怒った正宗だったが、翌日にはエルフの仕事ぶりを見に行く。

呪われた近隣?!

隣の空き家や和泉家も呪われているとされていて、回覧板も直接渡してこない近隣。不幸が多かったことから呪われているとされてしまっていた。
そんなとき、その空き家から白い服の女性が見え、ピアノの音も聞こえてきた。
本当に呪われていると思った紗霧は怖がり、正宗に隣の空き家を見に行くよう頼んだ。

怖くて絵が描けない~ (0.1秒後) オッケー、兄さんに任せろ!w © 2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

ピアノの正体はエルフ!

正宗が隣の空き家に行くと、ピアノを弾いていたのはなんと全裸のエルフ
前回、編集部でわーわーいってた子が、なぜか隣の空き家に…。
どうやら引っ越してきたようで、隣同士でライバル作家…現実にはありえませんが、そこがまた面白さでもあると思います。

エロマンガ先生をかけた戦い

エルフはまだ、エロマンガ先生に自分の小説のイラストを担当してほしいと思っています。そこで、正宗をディするだけディスり、エロマンガ先生への想いも語ります。

結局は2人が小説を書いて、エロマンガ先生に読んでもらい、どちらがいい小説なのかジャッジしてもらうことになりました。
よくある王道の勝負ですよね。これも王道ではありますが面白いと思います。おそらくはエロマンガ先生が選ぶ小説は正宗のものだと思いますが。

アニメ © 2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

エルフの仕事スタイル

どうにもやる気のないエルフ。仕事のやる気がないときに小説を書いてもおもしろくならないというのが持論らしく、毎日きちきちと仕事をしている正宗を全否定します。

正宗…やる気がないとも言っていないのにだいぶディスられていてかわいそうでもありました。エルフの言うこともわかりますが、いつまでもやる気が出なかったらかなりやばいですよね。

可愛い服装のエルフの狙い?!

正宗の希望でエルフの仕事しているところを見ることに。出迎えてくれたエルフはいつもと違った感じの可愛い洋服に、ツンデレとは思えないほどの満面の笑みで迎えてくれました。

おかえりなさい、政宗~この言葉の意図は!? © 2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

まとめ

今回のエロマンガ先生はエルフがメインになっていました。もう3話ですもんね、ずっと紗霧とのやりとりばかり続けるわけにはいかないのだと思いますが、紗霧のライバルはどんどん増えていきますね。めぐみやエルフも正宗のことが好きでしょうし…。

正宗とエルフの小説家対決もこれからの見どころのひとつでもありますね!

紗霧ちゃんのヤンデレコーナー

紗霧が今回初のヤンデレを見せたので(‘ω’)ノ

あの女だれ? © 2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

ずいぶんと仲がいいみたいね © 2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

この変態 © 2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

以上、ヤンデレコーナーでしたw

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。