「ユーリ!!! on ICE」8話感想 いよいよぶつかる、日本とロシアのユーリ!

スポンサードリンク

いよいよ始まりました、グランプリシリーズ、ロシア大会!前回の中国大会では素晴らしい演技をみせてくれた勇利ですが、今回から始まるロシア大会ではどのような魅力を発揮してくれるのでしょうか?楽しみですね!それでは感想に参りましょう!

第8滑走「勇利VSユーリ おそロシア!!ロシア大会SP」

それでは、中国大会FSが行われた前回のあらすじから参りましょう!
前回の7話にて、中国大会が完結したのですが、まずはSPとFSの総合得点で、金メダルはピチットくん。銀メダルは我らが勇利。銅メダルはクリスとなりました。いろいろな選手が様々な演技をみせてくれましたが、勇利はどんどん選手としてメンタルも強くなっていて、素敵すぎる成長物語が見えてきてますね!
ギオルギーという何とも言えないネタキャラ扱いなキャラもいたので、それもアクセントになっていて、飽きることなく、テンポよく演技がみれましたね。

第8話 の見どころは?!

見どころピックアップの前に第8話のあらすじからいきましょう!

第8滑走「勇利VSユーリ おそロシア!!ロシア大会SP」 出典:yurionice.com

ついに始まったロシア大会。グランプリファイナルに進むには、すでに決まっている、オタベックとクリスを除いた残り4枠に残らないといけません!残り4枠をかけた戦いが始まります!
中国大会では仲がいい選手もいて少し気持ちに余裕が生まれた勇利でしたが、ロシア大会では仲のいい選手がおらず、少し寂しい気持ち。
ユリオは前回、ラストシーンで勇利を迎え撃つ姿勢を見せていました。温泉on ICE以来顔も合わせていなかったWユーリはどのような試合を魅せるのでしょうか?!期待が高まる第8話。ロシア大会のSPいよいよ開幕です!

ロシア、モスクワへ到着

ヴィクトルと勇利はロシアに到着。ヴィクトルは地元のロシアということもあり、メディアからのインタビューに答える。
勇利はホテルのエレベーターに乗るところで、(この時は)謎の男女と韓国の選手のスンギルとの喧嘩が起こり、巻き込まれたくない気持ちでもう一つのエレベーターへ。そこへユリオ登場!

なにコソコソしてんだよ 出典:yurionice.com

ここのシーンでユリオのファンの女の子たちが少し写ります。実はものすごく熱心なファンなんですよね。
ユリオのおじいちゃん愛も描かれていました。そう、ロシアといえばボルシチのほかにも、ピロシキがあったじゃないか!と思い出させてくれます。
ユリオが見つけたアガペーは大好きなおじいちゃんなので、今後もおじいちゃんとの絡みをぜひみせていただきたいですね!
そして、日本でお留守番のマッカチン。伏線が…?!

いよいよ開幕、ロシア大会SP

このロシア大会では、すでにグランプリファイナルへの出場が決定している、オタベックとクリスを除いた残りの4枠に入らなければ、グランプリファイナルへ出場ができない…。つまり上位4位に入らなくてはならないのです。
なかなかのプレッシャーが押し寄せますね。
ロシア大会に出場するのはJJ、スンギル、ミケーレ、エミル、ユーリ、勇利となるので、2名はグランプリファイナルへはいけないということになります。
さて、どうなるのでしょうか?!

ポイントランキング! 出典:yurionice.com

第一走者 イ・スンギル

韓国の選手です。ものすごく冷静沈着なキャラクターの持ち主なのですが、曲はとても情熱的!テーマは貪欲とのことで、貪欲さは曲や演技には出ていない様子でしたが、滑りながら思っている冷静なのにここでの加点、などを考えているところではないでしょうか。ジャンプをミスしても、技術点での点数分析…ここまで冷静に考えられる選手はなかなかいないと思います!
スケオタ三姉妹も、日本大会から進化してる!と絶賛していましたし、勢いのある選手であることが伺えますね!クールでカッコイイスンギル。ショートの点数は91.83点でPBでした。

イ・スンギル 出典:yurionice.com

第二走者 エミル・ネコラ

演技中はほぼ映らなかったチェコのエミル。得点は82.43点。
この時、サーラが何かを決心したところとJJがエミルのジャンプの成功をヴィクトルと勇利に話したところのシーンでした。今回は勇利、JJの声も聞こえないほどリラックスした雰囲気で試合前のウォーミングアップ、イメージトレーニングをしていましたし、安心なのかもしれませんね!
鍵を握るのはサーラとミケーレの兄妹にあるんですよね!どんなお話かは9話になりますが…。

エミル・ネコラ 出典:yurionice.com

第三走者 ミケーレ・クリスピーノ

イタリアの選手。イタリアの選手なのに、一人称はワシ。どことなく考えていることが武士のような、日本らしさのある彼。妹のサーラのことを考えて今までサーラを守り抜いてきたことを演技中にも再生されているのですが、この時は、兄に守られるサーラもいいなって思ってました。
そんなサーラも兄ミケーレの演技を見て、感激してましたし、サーラが構成に入れているジャンプをミケーレもやり遂げましたし、高めあえる兄妹なんだろうなって思っていました。
しかしサーラには兄に伝えなければならない想いを抱いていました。この想いについては次回語られることになります。
ミケーレの得点は89.65点。

ミケーレ・クリスピーノ 出典:yurionice.com

第四走者 勇利

「ロシア中に僕の愛を見せつけるから」と言って始まる演技。勇利は、アウェーのほうが燃えるタイプ、とヴィクトルが分析していました。期待が高まる中よりも、期待がないところで発揮して驚かれるほうが好きなんですね!確かに燃えるものがある気もします!

ネクタイ、クイッ! 出典:yurionice.com

ゾクゾクする、と勇利も言ってました。
演技はSPでおなじみ、「愛について・エロス」
もちろん何度も聞いて、何度も勇利による演技も見てきましたが、毎回毎回成長を遂げている勇利が、見ていてすごいなぁ…と思ったり感動したりしますね!
作画の美しさやしなやかな動きの再現度が高いからかもしれません!
ユリオも、「温泉on ICEからここまで完成させてきたか」と驚きを隠せない様子。
そんな勇利の得点は109.97点!なんと!またしても100点オーバーで、中国大会のSPよりも高得点をたたき出しました!さすがです、勇利!

またのパーソナルベスト更新! 出典:yurionice.com

第五走者 ユーリ

ユリオも成長して帰ってきてくれていました!あれからロシアでの練習風景も本編に映ることはなかったのですが、ものすごい練習を重ねたことがわかります。
曲のタイトルである、アガペーのヒントは温泉on ICEのときに気づいていましたが、今回の衣装を見て、ヴィクトルと勇利も、「ユリオのマジアガペー、いいよね!」と口を揃えてました。

どけ!ブタ! 出典:yurionice.com

しかし本人は、キスクラで応援するヴィクトルと勇利にイライラしてしまったことと、アガペーを見いだせたおじいちゃんが来ていないことによって、全力のアガペーを演じきれませんでした。
それでも、演技は美しくて、動きのしなやかさやなんだか守りたくなるような雰囲気は素敵でした!
ユリオの心の中ではきつい…という声も聞こえてきましたが。
イライラした気持ちからジャンプを失敗したりもしました。

スポッ 出典:yurionice.com

演技が終わると、ファンから投げられた猫耳カチューシャがすぽっとはまって、見ているこっちはクスッとなったんですが(笑)可愛らしいですよね、そのへんが!
そんなユリオの得点は98.09点。かなり高得点ですが、勇利には届かず。
しかし久々に見たユリオの演技は最高でしたね!

第六走者 JJ

カナダの選手。ジャン・ジャック・ルロワ。
この人はアイドルかなにかなのか?!と思うほどの人気者。おそらくロシア大会のネタキャラです。中国大会のギオルギーに並ぶインパクトの強さです。

曲名も自身のテーマソング、「キングオブJJ」ですからね。しかもこの曲は有名なバンドとのコラボだそうです。スケート選手でバンドコラボは確かに珍しいですし、ものすごいインパクトです。
JJの演技は、自信に満ち溢れていて、力強く、観客もノリノリになるほどでしたね!
この自信満々なJJですが、今後崩れる場面もあったりします。それは今後のストーリーをお楽しみに!
そんな彼の得点113.56点でPBでした。
完全に勇利より上じゃないですか!次回のFSではどうなるのでしょうか?!
ある意味大注目のJJです。

パーソナルベスト更新! 出典:yurionice.com

マッカチンのため、ヴィクトル日本へ

JJの得点が出る頃と同時に、日本にいる勝生家の姉から電話が…。
冒頭でマッカチンがおまんじゅうを眺めていたことや、中国大会へ行く前におまんじゅう食べちゃダメだよって言われていたマッカチンの伏線がついにここで…。
マッカチンはおまんじゅうを食べて、喉に詰まらせてしまい、病院に来ているとこのこと。
ヴィクトルに日本へ戻るよう言う勇利。しかしコーチ不在の大会は…と渋るヴィクトルでしたが、そこへきたヤコフへ、1日だけ勇利のコーチを頼むことに!
ということは、勇利はユリオと1日だけコーチが同じになるんですね!
もうこの一幕でJJの得点、ほぼ聞いてなかったですよ、興味が一気にマッカチンに向いてしまいました!無事でいてくれ、マッカチン!と願うばかりでした。
そしてEDへ…。

明日のフリーは僕だけで戦う! 出典:yurionice.com

まとめ

今回もテンポよく進むストーリーに、本当に時間が短く感じました。それぞれの選手の演技も長すぎず、短すぎずなところがいいんだと思います!
そしてついにWユーリのバトルが見れましたね!SPでは勇利のほうがリードしていますが、今後どうなるか期待が高まりますね!
次回はロシア大会のフリーです!これでグランプリファイナルに進める4人が決まります!
ドッキドキですよね!
一方、日本に帰ったヴィクトル。マッカチンは無事でいてくれるでしょうか…。動物好きとしてはそちらも気になるところです。
次回に期待しましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。