このすば2期 第9話 感想 女神であることを明かすも信じてもらえず…またしても災難がアクアに降りかかる!

スポンサードリンク

今回のこのすばは温泉街、アルカンレティアでのお話し2回目ですね。前回は街のアクシズ教徒に強引な勧誘をされて疲れ切ったカズマやめぐみん。今回はアクアが主体になっていきますが、女神を自称したことによって災難が降りかかります!そんな第9話、今回も感想に参りましょう!

第9話「この不浄な温泉街に女神を!」

まずは前回の8話のあらすじからどうぞ!

7話にて、走り鷹鳶(走り高跳びのごとく飛ぶ鷹で鳶だからこの名前らしい)に襲われた一行。ダクネスが自らおとりになり、走り鷹鳶に挑む、しかし、ダクネスに襲いかかるかと思いきや、走り高跳びのごとくダクネスを飛び越えてしまう。目の前で走り鷹鳶に飛び越えられたダクネスは歓喜する。

予想の斜め上をいく性癖を持つダクネス © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

どうにも収拾がつかず、ガケかなにかはないかと馬車運転手のおじさんに聞くカズマ。ガケはないが、洞窟ならあるとのことで、走り鷹鳶をおびき寄せるため、馬車に乗り込み洞窟へと向かう。ダクネスはカズマが持ち上げようとするが、重くて持ち上がらず、ダクネスの提案により馬車で引きずることになる。アクアたちはそんなカズマにドン引きだが、これはダクネスが望んだこと…。

洞窟へ向かう途中、ウィズの魔法も炸裂し、走り鷹鳶が減るが、まだまだ勢いはおさまらない!カズマも筋力増強魔法をアクアにかけてもらい、狙撃する。

洞窟に着いた時、ダクネスを洞窟の前に配置し、走り鷹鳶はダクネスをまたしても飛び越えて洞窟へ。それをめぐみんが爆裂魔法で退治。走り鷹鳶の一件は無事に解決した。他の馬車の運転手から、お礼を渡されるが、すべてはダクネスが元凶のため受け取るわけにはいかない。

受け取るわけにはwww © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

その日は洞窟近くで寝泊まりすることになるが、またしてもモンスターの影が。よく見ると、アンデッドだった。アクアのせいでアンデッドが寄り付いてしまったのだが、ひとまずはアクアのターンアンデッドで退治する。その場にいた人々が賞賛するが、これもアクアが元凶…。カズマは申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

翌日、目的地のアルカンレティアに到着する。穏やかな温泉地のような場所だが、アルカンレティアはアクシズ教の総本山で、熱心なアクシズ教徒たちが多くいた。

アクアはアクシズ教団の女神のため、この街をたいへん気に入るが、ことあるごとにアクシズ教に入信させようとする街の人々にカズマはドン引きするとともに、呆れてしまう。

このアクシズ教徒のしつこさったらw © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

落としたりんごを拾ったら、お礼といいつつ入信させようとしたり、大男に襲われてるから助けて!と叫ぶ女性も巧妙に入信させようとしたり…そして最後には、小さな女の子が転んだのを助けたカズマ。さすがにこの子は入信させようとしているわけではないと考えたが、女の子はカズマの名前を聞く。お礼のためなどではなく、どんな字を書くの?と言い、これに書いて!とアクシズ教の入信書を渡してくる…。

一番巧妙だったのはこの女の子で、カズマはたいへんショックを受けるのだった…。

第9話 今回の見どころは?!

それでは今回のあらすじに参りましょう!

アルカンレティアにて、アクアは女神らしく懺悔の部屋のようなもので人々の罪を聞いていた。カズマはアクアが大切にしていた酒を飲み、安い酒をそのビンに入れたことやアクアが宴会芸で使っているコップを割ってしまったことを告白。すると部屋から出てこなかったアクアだが、カズマを自分の部屋に入れ、街の人々の懺悔を一緒に聞いていた。

最初に来た人物は、エリスに心が揺らいでいることを告白。するとアクアはエリスの胸はパッド入り、と後輩女神をディするようなことを言う。アクシズ教徒の男性の心には響いたようだった。

後輩の女神おとしめてそれでいいのかアクア様w © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

信者のためにはなんでもするというアクア。どうやらアクシズ教徒を大切にしているようだ。
めぐみんは外のアクシズ教徒が怖いらしいが、ダクネスはエリス教徒であるがゆえに罵倒を浴びるのが楽しい様子。
カズマは温泉へと向かう。混浴のため、女の人とも一緒になる。そこに一緒にいた男性もなにやらストレスがたまっているらしく、温泉で怒りをぶつける。

カズマはマッサージを受けるが、結局アクシズ教徒の石鹸の押し売りになっていた。

温泉にくるめぐみんとダクネス。めぐみんは本当はアクアやカズマを外出させ、アクアに寄って来るアンデットを狩ろうとしていたらしい。めぐみんとダクネスは混浴風呂に向かってカズマがいるのではないかと声をかけるがカズマは返事をしない。混浴風呂からめぐみんとダクネスの会話に聞き耳を立てているとそれがばれて攻撃される。カズマも負けじと攻撃するが猫を投げられ、洗うことに。

猫は投げるな~www © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

夜、アクアはウィズに泣きついていた。どうやら温泉をただのお湯にしてしまったらしくそれで追い出されたとのこと。女神であることを明かしても鼻で笑われてしまった。
アクアは温泉が魔王軍に狙われていると考え、みんなの協力を求めるがみんな断る。

結局はアクアには協力せずめぐみんとカズマは街に出る。普通にしていたらすごくいい街なのに、アクシズ教徒のしつこすぎる勧誘に疲れてしまう2人。湖にくると石鹸!洗剤!と叫ぶ男性が。ウィズが2人に合流すると男性はいなくなる。

アクアは温泉に危険があることを街人に演説する。魔王軍が温泉を狙っていることを話すが、温泉を浄化してしまうアクアのうわさが公になり、アクアが悪者になる。最後の手段として自分が女神・アクアであることを街人に明かすが誰も信じない。

それどころか温泉を浄化してしまうことで、この街の財源を奪う魔王軍の者とまで言われる始末。アクアはアクシズ教徒をかわいく思っていたが、街の人間はアクアを魔女扱いし、アクアを倒すべく動き始めていた…。

アクア様が信者に狙われてるwww © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

アクア…またしても災難を呼びましたね。自分が女神であることを言ってもそりゃあなかなか信じてはもらえないでしょうね。でも、あの強引なアクシズ教徒なら信じる確率も少なくはなさそうだったのですが、残念ですね。それでは見どころのピックアップに参りましょう!

アクアの懺悔室

アクアは寝泊まりしている場所の部屋で懺悔室のようなものをやっていた。カズマがいくら声をかけても部屋から出てこないため、ここでアクアの宴会芸のためのコップを割ったことやいい酒を買ったのを聞き、飲み干し、代わりに安い酒をビンにつめたことをカズマはアクアに伝える。

もちろんアクアはこのことに動揺するのですが、女神としての職務をまっとうしたいのか、部屋からは出てきません。アクアのこういうところ、好きです。

アクシズ教徒を大切にするアクア

アクアはアクシズ教徒をかなり大切に思っているようで、教徒からの告白も受け止めるが、後輩女神のエリスをディするような答えを返していた。

こういうところは感心しないなぁと思いつつもアクアらしくていいかな…なんて思ってしまいますね!

後輩の女神をおとしめるアクアにドン引きのカズマ © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

カズマ、温泉にて

温泉は混浴で、最初は女性も入っているが結局男性だけが残り、つまらなくなったカズマはマッサージを受けることに。しかしマッサージ師の男性ももちろんアクシズ教徒。マッサージに使用した石鹸を売りつけようとしてきます。

アクシズ教徒の強引さはもはやギャグですね!目の色とか表情とかもう壊れているとしか言いようがなくておもしろいです。

めぐみんとダクネスも温泉へ

混浴風呂の隣にある女性風呂に入るめぐみんとダクネス。混浴風呂にカズマがいると確信した2人は聞き耳を立てていることを知りながら、カズマを褒めます…が、2人のきゃっきゃした声に興奮し、すぐに混浴風呂にいることがばれます。

この古風なやり方にひっかかるカズマもなかなかのギャグですよね。見ていて安心感のある、このすば感でもあります。

温泉を浄化してしまったアクア

以前、紅茶をお湯に浄化したように、この街の温泉も浄化してしまったアクア。温泉から追い出され、泣きわめくアクアでしたが誰もあまり気に留めません。

自分を女神と言っても信じてもらえないアクア © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

協力を得られず、演説するアクア

仲間の協力を得られなかったアクアは、この温泉を魔王軍が狙っているといい、街の人の協力をあおぐために演説をします。ここでもアクアは女神であることを明かしてしまいますがアクシズ教徒の誰もそれを信じません。それどころか、アクアがこの街の財源である温泉を浄化してまわり、嫌がらせをしてくる魔王軍だと勘違いまでされてしまう始末。

アクアがかわいいと思っているアクシズ教徒に疑われてしまっては、少しアクアがかわいそうにも思えてきます。アクシズ教徒のためならなんでもする勢いのアクアなので同情もしますが、女神だと聞いた時の街の人の表情が最高に笑えました。

魔女狩り?!

夜、宿にいると、アクアを発見した街の人から、魔女狩りだ!とアクアを攻撃するデモのようなものが…。結局演説のせいでアクアは悪者になってしまいましたね。街の人の怒りを買ってしまった結果になりました。

まとめ

今回も結局はアクアがきっかけで災難が起きてしまいますが、今回はアクアも本当のこと(自分が女神であること)を言っているので一概にアクアを責められない気もします。

そして今回のアクアが泣きつく相手が必ずウィズで、ウィズは魔王軍のため、アクアの涙でも結構やられてしまっていたのが笑いつつウィズがかわいそうにもなったりしました。その都度、倒した魔王軍幹部がこっちこいよーとウィズを呼ぶのも笑えました!

次回はアクアが魔女扱いされてしまったのをどうにかするのでしょうが、アルカンレティアにはいられそうもないでしょうね…。そんなこのすば、次回もギャグ満載であることを期待しています!

どうなっているんだ!この街は!www © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。