このすば2期 第6話 感想 抜けない刀、聖剣エクスカリバー!

スポンサードリンク

今回もこのすばには笑わされました!倒したバニルもまた登場したり、商売の話を持ち掛けられたり。そしてクエストに行けばカズマが酷い仕打ちを受けたり…。このすばワールド全開な6話でした。今回も感想に参りましょう!

第6話「この煩わしい外界にさよならを!」

それでは今回も第5話のあらすじからどうぞ!

キールダンジョンからまたモンスターがあふれていると言いに来るセナ。もしかするとアクアの魔法陣のせいでモンスターがダンジョンから出てきているのかもしれないと思ったカズマは、キールダンジョンへと向かう。
そこから出てきていたのは仮面をかぶった小さなモンスター。人にくっつき、かわいい一面を見せるも、実態はそのまま爆発する悪質なモンスター。

小さなモンスター 抱きつき爆発する性質を持つ © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

アクアをダンジョンに連れて行こうとするが、以前ダンジョンに置き去りにされてからはトラウマが植えつけられ、ダンジョンに入ることができない。そのため、ダンジョンにはカズマとアクアが行くことに。
くっついて自爆するモンスターの特性上、ダクネスの剣でさえ攻撃が当たる(笑)ほかの冒険者もダンジョンに来るのだが、アクアの魔法陣のせいであるとばれてはまずいので、モンスターにくっつかれている間にカズマとダクネスは奥へと進む。

奥の部屋にいたのは魔王軍幹部のバニルだった。
しかしアクアの魔法陣のせいで奥の部屋に入れないバニル。人間は殺さないというが、アクアのことを狙うバニル。アクアが女神だとばれている?!
アクアを狙うことは許さないダクネスは、バニルに挑む。一度、カズマがたまたまあった丸い石のしで転んだはずみで、バニルにダクネスの攻撃が当たり、倒したように見えたが、バニルの大好きな「スカ」であり、バニルはダクネスに取り付く。

普通なら、精神を乗っ取られ動けなくなるものらしいが、ダクネスはそんなことでは屈しない。バニルがしゃべりつつ、ダクネスが口を挟む。(ダクネスとバニルのやりとりが漫才のようでかなり笑いました。)
封印の札をバニルの仮面にくっつけ、そのままダンジョンの外へと誘導する。このままアクアに浄化してもらう作戦だったが、バニルにアクアの魔法が効かない!

バニルに身体を支配されるダクネス © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

アクアはバニルを挑発するようなことを言い、バニルに狙われピンチ!
なかなかバニルを倒せないので、めぐみんの爆裂魔法を使うことにするが、これはバニルを倒すと同時にダクネスの体も重傷を負いかねない。
それでもダクネスの強い意思を尊重し、爆裂魔法を放つ。

場面はギルドへ。
セナに表彰されるカズマ一行。魔王軍を倒したことで、カズマが魔王軍と関わりがある容疑がはれたこと、重傷を負い鎧もなくしたダクネスには新しい鎧が送られ、一行には借金全額返済+4000万エリスを手に入れることとなった。そしてダクネスは本名で呼ばれてとんでもなく恥ずかしがっていた…。

第6話 今回の見どころは?!

それでは今回もあらすじから参りましょう!
寒くて外に出られないアクア。それよりもっと酷いのがカズマ。こたつに入り込んでまったく外に出る気配もない。なぜそうなったのか…

カズマはダクネスとウィズの店へ行く。ウィズも魔王軍幹部なので、バニルを倒したことを報告しようとするが、ウィズはそのことを知っていたうえに、バニルがウィズの店に!一応、二代目のバニルらしい。(仮面にⅡの文字が)そこで、バニルに提案されたのが、カズマの元いた世界のものを量産し、売る計画。それがこたつだったのだ。

なぜバニルがいるのかとウィズに聞くカズマさん © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

クエストなどの活動がしたいめぐみんとダクネスはこたつから出るようにカズマに声をかけると、カズマはめぐみんとダクネスにいやがらせをする。のちにこれが災いとなる…。

こたつごと窓から放り投げられるカズマ。仕方なく外に出ることになり、カズマは新調した武器を手にする。武器はまぁいいとして、防具は重すぎて自分が動けないという失敗も。

どうやら武器は刀を意識したもののようだが、長すぎてものに当たって倒してしまったり、刀がひっかかってドアから出られなかったりしたので結局刀も短くなり、なんだかナイフのようになってしまっていた。
名前だけはかっこいいものにしたかったカズマだが、めぐみんにより「ちゅんちゅん丸」という名前にされてしまう。

ちゅんちゅん丸 と書かれているらしい。めぐみんのネーミングセンスダサすぎw よく爆裂魔法を学ぼうと思ったものである。 © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

そしてクエストを受けるカズマたち。姫様ランナーを追いかける王様ランナーすべての討伐というもの。それぞれ作戦を立て、リザードランナーの大軍を倒すことにするが、アクアがまたしても問題を起こす。

どれが王様ランナーかわからないので一番走るのが早いのが王様ランナーだと考えたアクアはリザードランナーをこっちにおびき寄せてしまう。すると大群のリザードランナーが襲い掛かる。カズマがアクアを怒ると泣き叫びながらだだをこねるアクア。この作戦では、王様ランナーをうちとれば、ほかのランナーが王様になるために勢力を増すため、姫様ランナーからうちとるのが得策だと、ふてくされながら言うアクア。(早く言えよ!)

アクアのふてくされ具合がいい感じに〇 © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

大群を倒すためにめぐみんの爆裂魔法を使おうとするが、さきほどのこたつの一件でめぐみんの魔力をカズマが奪っていたせいで、爆裂魔法が打てない。

カズマが弓でリザードランナーを撃つが、やられたリザードランナーが木の上にいるカズマに直撃!カズマは変な方向から落ちて、死んでしまう。

エリスと話すことになるカズマ。エリスのやさしさに心が揺らぎ、アクアたちのところに帰りたくないとするカズマ。しかしいろいろといたずらされていることがわかると、戻らねばとエリスに門を開けてもらう。
カズマがされたいたずらとは…大事なところに「聖剣エクスカリバー」と落書きされたことだった。そのころすでにめぐみんは逃げていましたとさ(笑)

前回、大金を手にしたので、今回はまたお金使いすぎたり・・・?と思っていましたが、そんなこともなく、しっかり儲け話に乗ってみたり、クエストにも出ていました。(カズマは一度死にましたけど)
ギャグ全開でこのすばらしさがあふれていた6話。ここからは見どころピックアップです!

外に出たがらないアクアとカズマ

外に出て活動しようとするめぐみんとダクネスに抵抗するアクアとカズマ。
お外で遊びたいなんて子供なの?!というアクアですが、どっちが子供かわかりません(笑)
寒いのは確かにつらいし、室内でぬくぬくしたい気持ちもよくわかりますが冒険者たるもの、活動しなくちゃですよね。

抵抗するカズマ めぐみんからエナジードレインをかけるが、これが今後のクエストでえらい目にwww © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

ウィズに伝えなければならない話

前回バニルを倒したことをウィズに伝えようとするカズマとダクネス。ウィズも魔王軍幹部であるため、仲間のバニルを倒したことは伝えづらい・・・。
ギルドで宴会騒ぎはしなかったのはそのせいだったのか!とこの時気づきました。
カズマたちも一応?人の心があったんだなぁなんて思いってしまいました。

生きていたバニル

ウィズの店に入るとあらびっくり、バニルがいるではありませんか!(笑)
爆裂魔法をくらったにもかかわらず、ぴんぴんしているバニルですが、攻撃をくらったときはそうではなかったらしい。

カズマに儲け話を持ちかける2代目バニル © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

残機が減ったので二代目バニルなんだそうです。
そしてバニルはカズマの元いた世界のもので一儲けの話を持ち掛けてきます。それが、カズマがでられなくなっていたこたつだったのです。

めぐみんとダクネスに攻撃するカズマ

こたつが優秀なのはわかったけど、外に出て活動したいめぐみんとダクネスはカズマに声をかけ続けます。
ちょっと手を出すと、カズマは魔法で2人に攻撃。ダクネスには首元をひんやりさせたり、めぐみんには魔力を奪うようなことをしてみたり。
腹が立った2人はこたつごとカズマを窓から放り出します。

こたつから出たくないカズマの顔w © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

これはどっちの気持ちもわかるぞ、という感じですね。こたつでぬくぬくしていたいカズマの気持ちもわかるし、冒険者なんだから外にでようとするめぐみんやダクネスの気持ちもよくわかる!外に出たいのに、相手がこたつから出てこないとイラっとするものです(笑)

鍛冶屋へ

結局抵抗むなしく、外に出ることになったカズマとアクアは、4人で鍛冶屋へ。
カズマの武器と防具を作ってもらっていたらしく、それを手にするカズマ。武器は刀をイメージしたもので、かっこよかったですが、長すぎてお店にあるものに刀が当たり、倒してしまったり、ドアから出ようとしても刀がひっかかって出られなかったり、さんざんでした。
防具も、試着すると見た目はかっこいいのに、重すぎて動けない…。結局防具は使い物にならず、武器だけ受け取ることに。

重すぎて1mmも動けないカズマ © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

しかしその武器も邪魔になるため短くしてしまい、もはや刀ではなくなっていました。
武器の名前はせめてかっこいいものにしようとするカズマ。のちにめぐみんがつけた名前が「ちゅんちゅん丸」(笑)
かわいくていいと思います!が笑ってしまいました。

リザードランナー討伐!

クエストを受けることにするカズマたち。リザードランナーというモンスターの討伐。
姫様ランナーと呼ばれるリザードランナーを追いかける王様ランナーもろとも討伐することが目的。
カズマたちはそれぞれに作戦を立て、討伐に挑みますがまたしてもやらかしてくれたのがアクア!

どれが王様ランナーかわからないカズマはアクアに聞く。もちろんアクアもわからないので適当な返事をしつつも、アクアは一番早いのが王様ランナーのはずだから、こっちにおびきよせて一番についたやつが王様ランナーとしてリザードランナーを寄せてしまう。

この魔法で事前の打ち合わせもぶち壊し、リザードランナーをおびき寄せるアクア様 もう狙ってやっているとしか思えないw © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

大群がカズマ達を襲う!しかもアクアはカズマに怒られてなきじゃくるし駄々っ子のようになるし…。
結局一番速そうなリザードランナーを弓で射止めるカズマ。しかしリザードランナーの勢いは止まらない!
王様ランナーがやられたら、ほかのリザードランナーが王様になるために勢力を増すのはわかっていたことで、姫様ランナーをまずは仕留めるのが得策であることを今になって言い出すアクア。
もっと早く言え!そしてわかってるならなぜ王様ランナーたちをおびきよせたんだ(笑)

カズマ、n度目の死

リザードランナーの一匹を弓で仕留めたカズマ。しかしそのリザードランナーが思いっきり木の上にいるカズマに直撃して、カズマは変な体勢で木から落ちます。
そして何度目かもはやわからない死を迎えて、エリスに会います。

普段一緒にいるアクア、めぐみん、ダクネスたちは見た目は悪くないのに中身が・・・とカズマは考えます。目の前にいるエリスの心のやさしさに動かされ、冒険者として戻るのではなく、生まれ変わりたいと言い出すカズマ。
アクアの声が聞こえているのですが、どうやらめぐみんがカズマの体にいたずらをしはじめた様子。
カズマはいたずらに耐え切れず、生まれ変わることは諦めてアクアたちのもとへ帰ります。

かわいいエリス様 ほんと女神の鑑ですね。 © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

帰ってきたカズマ

冒険者として生き返ったカズマ。しかし、めぐみんは馬乗りになっているし、ダクネスは恥ずかしそうにうずくまっているし、アクアはなにも語らないし…。
よっぽどのいたずらをしたんだろうな…と思いつつ、カズマが生まれ変わりたいなんて言ったせいで一瞬、みんなが悲しんでいるようにも見えました。

なんだかんだみんなカズマのことが好きなんだなぁなんて思ったのもつかの間でしたね。

聖剣エクスカリバー

家に帰るとダクネスはこそこそカズマのことを見ているし、アクアも特に関わろうともしていない…。そんな中、カズマはお風呂へ。すると、血相を変えてめぐみんを探します。
なにがあったかというと、カズマの大事なところに「聖剣エクスカリバー」と落書きが!

つまり、めぐみんは帰ってこないカズマの服を脱がせて落書きし、ばれたときに怒られるのを回避するためにしばらく宿に泊まる・・・と。
めぐみん、なかなかのやり手です(笑)

オレ一体何をされたんだ?と疑問に思うカズマ © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

まとめ

今回のこのすばは笑いまくりですね!バニルが生きていて、しかも前にも増してお調子者キャラになっていたような。魔王軍幹部、本当に変なキャラしかいません(笑)

クエストに出ても、さすがのアクアは毎回毎回問題を起こすし、今回の大泣きは爆笑でした。
どうしようもないことでまた死んでしまうカズマもこのすばワールドらしさがありました。エリスはこのすばの中でもかなりまともなキャラなので見ていて安心する気持ちもありつつ、背後で声のするアクアは相変わらずだし・・・。

いたずらもオチに最強なの出してきたなぁという感じで面白かったです!次回はどんなストーリーが展開されるのか今から楽しみです!

めぐみんのアスパラの食べ方が独特すぎな件 © 2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。