『エルドライブ』11話感想 ヴェガ警部が来て急展開!?

スポンサードリンク

前回のおさらい

宙太のSPHニオイの原因は心因性、つまり美鈴の自分への焦りといらだちによるものだった。美鈴は宙太の成長をそばで見てなにを思い、そして彼の成長とどう向き合うのだろうか。

第11話「キミノコエガ…」

欠員の出ている捜査4課に臨時配属となった宙太。そこではヴェガ課長のもとではたらくことになる。ある日、宙太に対する個人的なメールがきっかけでジャンルノR号のシステムがウイルスに感染し…!?

捜査4課にやってきたヴェガ警部(c.v.神谷浩史)

捜査4課に急遽配属された宙太。しかしエルドライブのバッジを忘れてくる無能っぷりww

宙太のピンチに現れたのが捜査4課のヴェガ警部でした。「くっ…殺せ!」と吐き捨てる宇宙人犯罪者。典型的な「くっ殺」を相手にヴェガ警部から「死ぬなんて許さない、生きてその罪を償え」と一言。

捜査4課に戻ると、彼はかわいいマグカップを持っていましたw

同じチームだからということで「呼び捨て」「敬語なし」を求めるヴェガ警部。意外でした。そういうキャラじゃなさそうだったのに、意外とフランクな人なのかも?

ヴェガ警部 ©天野明/集英社・エルドライブ製作委員会 2017

美鈴は宙太が気になる?

美鈴は学校で宙太のあとをコソコソ付けている様子。

「寂しいんじゃないのー?」とベロニカに煽られるほど露骨につけまわしていました。

もちろん美鈴はそれを肯定するわけないんですが、第1話の頃から考えると、ずいぶんと宙太と美鈴の関係に変化がありますねww

美鈴が学校からジャンルノR号に戻ると、レイン署長から「宙太に渡してやってくれ」と頼まれたものがありました。さてさてその中身は…。

こそこそ宙太を付ける美鈴 ©天野明/集英社・エルドライブ製作委員会 2017

美術館にいこう!

ヴェガは「宙太のいとこ」という設定で地球にやってきました。血のつながりを全く感じない2人なんですがそれは…(

タテヤンの提案で美術館に行くことになった宙太。ヴェガとタテヤンとドクターラブと宙太の4人です。

ちょっと身体の露出が多めの絵画を見て、この絵はニノチカに似てない?とか、これは美鈴に似てない?とか、これはベロニカに似てない?とか、男どもの妄想モードでした。

あんまり美術館が似合わなさそう、というか芸術に興味がなさそうなメンバーだな…と思ってたんですがめっちゃ納得しましたww

そして4人の後をつけてきていた美鈴、ベロニカ、ニノチカにめっちゃ罵られる男4人。残念だが当然。

罵られる男性陣 ©天野明/集英社・エルドライブ製作委員会 2017

謎のメール

美術館で宙太の警察バッジに「エルドライブは竹取山事件のことを隠している」というメールが届きます。

差出人不明でなぜか宙太の過去のことまで知っているあたり、めっちゃ胡散臭いメールですが、宙太くんはこれが気になって気になってしょうがないんですね。。

「気になることがあったら、ぼくは不満があるなら自分で調べる」というヴェガ警部の言葉にのって、エルドライブのシステムでメールの差出人を調べようとする宙太くん。

そのとき!エルドライブがコンピューターウィルスに感染します!!

宙太やらかしたあああああああ!!!!

ウィルスのメール ©天野明/集英社・エルドライブ製作委員会 2017

デミル艦、ワープアウト!

デミルのでっかい戦艦が突然ジャンルノR号の目の前にワープアウトしてきました!

ウイルスに感染してバックアップに切り替えるその僅かな時間、ステルス感知のレーダーがOFFになっていたのです。

内部から高エネルギー反応。そして主砲から攻撃がぶっ放されます。緊急回避しますがエンジン損傷。

…よだんですが、なんかエルドライブ見てるとときどき宇宙戦艦ヤマトを思い出しますね。

さて、デミルからエルドライブ宛てに通信が入ります。デミルジュニアです。要求はこうでした。モニタリアンと共生主を引き渡せ、さもなくば地球を総攻撃する。猶予は1時間である。

「デミルジュニア」がいるってことは、デミルという組織のボスは「デミル」なの?自分の名前が組織の名前ってだいぶイタいやつなのでは…w

デミルはあと1時間で総攻撃するようだ ©天野明/集英社・エルドライブ製作委員会 2017

レイン署長の決断

ウイルスに感染させてしまった責任感と、自らの命と地球の平和を天秤にかけられた宙太は「ぼくがデミルにいけばいいんだ」とかなり弱気な発言。

ふだんは「宙太くん豆腐メンタルすぎw」とか思うことも多いけど、今回はさすがに宙太くんに共感しました。

…が、もちろんレイン署長が首を縦に振るはずもない。デミルの要求を飲むことなく攻撃を仕掛けます!

そして宙太は地球に転送されます。そこで宙太はグッチーからの伝言を受け取ったのでした。彼いわく「エルドライブの内部にスパイがいる、そのスパイの名前は…」

肝心なところでドルーが宙太の中から消えてしまいました。スパイはわからずじまい。

美鈴は、宙太にレイン署長からの預かり物を渡します。竹取山事件についての事件ファイルでした、エルドライブはちゃんとこの事件を捜査していたんですねー。

そして「いまできるのはエルドライブの一員として地球を護ること」と美鈴に諭された宙太。豆腐メンタルですがしっかり立て直します。

美鈴の声で勇気を取り戻した宙太!タイトルとEDバッチリ回収でした。

しかし、瞳が怪しく光るヴェガ警部。まさかおまえ…。

自信を取り戻した宙太 ©天野明/集英社・エルドライブ製作委員会 2017

ふりかえりと今後のストーリーについて

なんか地球の危機!デミルが急に本気出してきました。

そしてヴェガ警部、なんかいいお兄さんっぽかったのに最後の最後で急に怪しくなってきましたね…。

「ヴェガ」がいるということは「アルタイル」「デネブ」もいるんでしょうか。次回は最終回。あと1話で片付くのか!?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。