『カオスチャイルド』アニメ8話感想 明かされる乃々の秘密!

スポンサードリンク

前回のおさらい

「ニュージェネの再来」と呼ばれる連続猟奇殺人事件は、まだ終わっていなかった。そして10月28日。第6の事件が起きてしまう。その犠牲者は結衣であった。

第8話「錯綜する光と影に惑う思いは」

第6の事件の翌日。伊藤による証言、さらに乃々の独白によって重要な秘密が明かされる。そして…。

幼いころの南沢泉里

「私は南沢泉里が嫌いだった」といきなり乃々の独白が始まります。

この言い方あまり好きじゃない。この乃々自身が泉里のくせにと思う。周りで事件が起こりまくって自分が死ぬかもしれないって時に今まで正体を隠している意味もわからないし、今回の事件に関わりがありまくりなのに最初は事件のこと何にも知らん感じを出していたし正直ここで冷めたかもしれないw © 2017 MAGES./KADOKAWA/CHAOS;CHILD製作委員会

昔の南沢泉里は1人で過ごすことで傷つかないことを選ぶ、内向的な性格だったんだそうです。それで泉里は「友達がたくさんできる性格になりたい」と母に言ったそう。しかしこれが悲劇の始まりでした。

母はみずからの信仰する宗教団体に関わりのある病院に彼女を連れていき、泉里は人体実験の道具とされていったのだといいます。

泉里は、無理に目を開かされて映像を延々と見せられたり、変な音声を何時間も聞かされたりしたんだと。これはやばすぎる…。

来栖乃々と南沢泉里の過去

そんな日々に絶望していた南沢泉里に、来栖乃々が接触します。

彼女は「友達」だと言ってくれた。一緒に一輪車を乗る練習もしたみたいです。でも、あたたかい家庭をもつ彼女とは対象に、泉里の母親は施設に通うよう強要したのでした。

そして我慢の限界。そこで例の渋谷大地震が起きます(泉里があの大地震を起こしたっぽいですね)。

そこで母は瓦礫に飲まれて死んでしまった。しかし乃々まで巻き込まれてしまったのでした。「乃々ちゃんのかわりに、私が死んでしまえばよかったんだ!」と願った泉里の願いはかなってしまいます。

泉里は乃々になりたいと願う。姿変えるのが彼女の能力なんでしょうか?地震起こしたりいろいろあるなとw © 2017 MAGES./KADOKAWA/CHAOS;CHILD製作委員会

なんと、泉里と乃々は入れ替わったのでした!!!

そう、つまりいま生きている乃々は南沢泉里だったのです。。これはまったくもって予想外でした!

第7話で「伊藤くんは南沢泉里のことを知らない」と確信を持って言い切ったこと、第6話で「泉里は私の前で死んだ」というのが嘘だと雛絵によって明らかになったことなどの説明がつきます。

「私はもう嘘はつけないから」と宣言した乃々はもう完全に泉里の姿でした。

犯人の思考誘導

渡部が吐いた力士シールは「11番目のロールシャッハテスト」ではなかった。つまり偽物だったのです。

ということは、黒幕はギガロマニアックスであると推測しています。どんな能力かというと、拓留や澪がたどりついた仮説は思考の誘導。

なぜかラブホにいた雛絵、力士シールを吐いたネット記者の渡部、杯田理子に襲われる妄想をした拓留、そして結衣をあやめた伊藤など、思考誘導を受けた人間はみんな血の涙を流しています。

しかし黒幕の目的は未だ見えず。そして第7の事件が残っています。

伊藤による証言

伊藤は生きていました!よかった!

しかし残酷なことに、伊藤には結衣をあやめた記憶が残っているみたい。そこで拓留は「お前に思考誘導をしたのは誰なんだ」と問いかけます。伊藤の口からはかなり驚きの証言が。

生きていた伊藤と証言 犯人は2人。一人は部員しかいないだろ。 © 2017 MAGES./KADOKAWA/CHAOS;CHILD製作委員会

新聞部の部室で誰かに「こいつをころせ」と言われたのだそう。青葉寮のみんなと拓留が映っている写真を持っていた、とも証言しています。さらに伊藤が部室から逃げようとしたら扉からもう1人でてきたのだとも言っています。

首謀者は複数いること、そのうち少なくとも1人はかなり拓留たちに近しい人(青葉寮の写真を持ってるレベル)だということがわかります。

…え、めっちゃ怖い。

動画にどんなヒントがあったのか

うきが言うには、乃々は「こっち見んな」事件の動画をみて、何かに気づいて外に出ていったのだそう。

「イヤホンに耳を澄ませる感じで」といううきの証言を聞いた、拓留は「音」に何かあるのだと気づきます。

しかも爆音で聞いていたため、かすかな物音を聞き取るために音量を最大まで上げていたのだろう、ということがわかります。

こっこれは。。。 © 2017 MAGES./KADOKAWA/CHAOS;CHILD製作委員会

その場面でにたどりつくと拓留はある物音を聞き取ります。何処かで聞いたことがある物音だそうですが…?

泉里が向かった先は

動画をみて何かに気づいた乃々(泉里)。そのあと彼女はどこへ向かったのでしょうか。いまや彼女は乃々の姿をしていません。泉里の姿でした。泉里は何に気づき、どこへ向かってるのでしょう。

そしてなぜか一瞬うつったおっけいさん。しかもカエルのストラップに焦点があっています。なんでこのタイミングでこのアングルなの?

そして拓留は電話をするけど誰も出ません。これはもしかして…!?

謎の音はこのカエルのストラップの音でした。真犯人は???まあ、最初っから疑っていたあの人だよねwなんかひねりがないと思うんだけど、さらにここから楽しくなるのかな?あと3話でw © 2017 MAGES./KADOKAWA/CHAOS;CHILD製作委員会

ふりかえりと今後のストーリーについて

まさか乃々が南沢泉里だったなんて。驚きました。

そして、一連の事件の黒幕が、思いっきり拓留の関係者っぽくてめっちゃ怖いです。黒幕は誰なんでしょうね。

思えば、ネット上に南沢泉里と来栖乃々の写真がリークされていたのもおかしい。だってあれ、明らかにごく一部の人間しか知らない情報ですし。。

そもそも黒幕の目的が拓留なら、どうして「ニュージェネの狂気」の再来みたいな回りくどいやり方をしたのでしょう。そのまま拓留だけターゲットにすればいいのに、わざわざあんなやり方をしたのには何か黒幕のメッセージがありそうな気がしています。

そして一連の思考誘導。どうすれば能力を発動させられるのかが気になるところですね。次回分を早くみたい!

だんだんとここでこやつが天才とか言われているけどアホだ説浮上。思考誘導とかここで初めて気が付くけど、拓留と同じタイミングで気付くのは全然天才じゃないwそもそも伊藤が事件を起こす前から思考誘導は出てても不思議じゃなかった。とまあ辛口評価になっていますw © 2017 MAGES./KADOKAWA/CHAOS;CHILD製作委員会

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。