『カオスチャイルド』アニメ3話感想 乃々は生きていた!力士シールを吐いたシーンやばすぎ

スポンサードリンク

第3話「彼らのお祭りのお話の言い分」

前回のおさらい

拓留たちは、一連の猟奇殺人事件が、日付だけでなく力士シールとの関連性があることも指摘した動画をアップし、シェアされたその動画は10万再生にものぼった。さらに拓留たちは3件目の事件の現場にいた有村雛絵と刑事のやり取りを聞き取ることに成功する。そんななか、乃々が何者かに刺されてしまった。

てか午前1時に取りに来るとかどう考えてもおかしいw  出典:chaoschildanime.com © 2017 MAGES./KADOKAWA/CHAOS;CHILD製作委員会

今回のあらすじ

刺された乃々と話をする中で拓留は「家族」があることをあらためて感じる。その後、学校の文化祭でネットライターの渡部と、一連の事件についての対談の機会が設けられた新聞部であったが、第4の事件が起きてしまう…!!

乃々は無事だった

前回のラストでは、力士シールを貼った場所に設置したカメラを取り外しに行った乃々が、何者かに刺されてしまいました。4つ目の事件はこれか!?と思っていたのですが、乃々は無事だった様子。聞けば、警察に取り押さえられたんだそうです。

聖なる結界でなにを…みたいなことをつぶやいていましたが、結局あの実行犯は何者だったのでしょうか。

ともかく、もともと事件に首を突っ込むことで乃々に迷惑がかかることをよく思っていなかった川上に、日ごろの不満を込めて怒られます。もちろん拓留たちもこうなることを予見できたわけではないのですが…。

そして川上を止めようとする乃々の服には未だに血が滲んでいました。まだ無理したらだめ!

拓留と「家族」

拓留は乃々と家族(姉弟)ですが血はつながっていません。拓留は乃々に対して「家族でも何でもない」と言い放ったり、家にも帰っていなかったりしたわけですが、その理由が明らかになりました。

渋谷の例の地震で、拓留は昏睡状態に陥り、そして今の家に引き取られたんだそう。両親はそのときに亡くなったと聞かされていたようです。しかし真相は違っていて、両親は誰かに殺されていたのでした。「家族」に隠し事をされていたことを知った拓留は不信感からか家を飛び出します。

ごめんなさい。。。ここでは謝るが、今後事件を優先する拓留。もうどうしようもない奴w  出典:chaoschildanime.com © 2017 MAGES./KADOKAWA/CHAOS;CHILD製作委員会

しかし、乃々が刺されたことで家に戻ってくると、机はちゃんと拭かれていてホコリもなく、妹や弟にも「家族」扱いされた拓留の目には涙が。

文化祭で4件目の事件が…

あの「パクリ」動画を作ったネットライターの渡部です。なんと、拓留たちに文化祭での対談を申し込んできたんです。しかし開始時間をすぎても渡部は現れません。

渡部が壇上に登場するのですが様子がおかしい。急に口元を抑えて目からは出血。お腹は異常なぐらい膨れ上がっています。何事かと思えば、突然力士シールを吐きました。4件目の殺人事件です。…いや、これは気持ち悪い。。あかんやつや。

シールいっぱいですが、事件への手がかかりとなります  出典:chaoschildanime.com © 2017 MAGES./KADOKAWA/CHAOS;CHILD製作委員会

事件の新たな共通点が

そんなわけで拓留たちは4件目の事件の目撃者となってしまいます。神成刑事や澪が新聞部の部室に事情の聴取にやってきます。目撃者は雛絵、拓留、華の3人。澪は「お前たちが事件を呼び寄せているのではないか」「白い光を見なかったか」と言ったり、雛絵に渡部と接触させていたりと、拓留たちよりも一歩先を言ってる感がありますね。

そして刑事がかえったあと、世莉架は刑事たちの話を聞いていたのだといいます。「能力を持っている」とか聞こえたそう。1話のときも思いましたが、絶対世莉架は何か事情を知ってますよね。そしてこれ見よがしにカエルのストラップを握ってるという。

ここでも拓留に意味ありげな助言を繰り返す世莉架。黒幕こいつか!?w  出典:chaoschildanime.com © 2017 MAGES./KADOKAWA/CHAOS;CHILD製作委員会

ともあれ、結果的に拓留たちは、被害者には「未来が見える」「人の心を読む」「念写」などの超能力的なものが備わっているという新たな共通点に気づきました!

「日付」「現場を見渡す場所に力士シール」「超能力」という3つの手がかりが揃いました。あとは力士シールの作者も入れると4つでしょうか。これだけだとイマイチ判然としませんが、いずれはつながるのでしょう!

乃々の過去に何があったのか

乃々が「これ以上事件を追いかけないで」と言っていたあたり、回想が入っていました。誰かが倒壊した建物の瓦礫の下敷きになっていました。その後にはお墓参りのシーンが回想で挿入されるなど、乃々は過去に何かあったのかもしれません。

乃々がこういうことになっても事件への好奇心が抑えられない主人公w  出典:chaoschildanime.com

拓留に対して事件に首を突っ込まないように説得を試みるのですが、その理由が「これ以上大切な人を失いたくない」でした。乃々が失った「大切な人」って誰なんでしょうね。瓦礫ということは渋谷の地震が関係しているのかもしれません。

ふりかえりと今後のストーリーについて

力士シール吐いたシーンやばすぎてトラウマになりそう。。

渡部のお腹は膨れていましたが、腹からも食道からも力士シールが詰められており、死因はどうも窒息死だったよう。寝る前にみると夢に出てきそうです。力士シールのデザインだけでも不気味なのに、それを喉から詰められたとか考えるだけで寒気がします。

リアルタイムでは「このすば」の次ということもあり、カオスチャイルドと順番を逆にしてほしかった感はありますねw

ともあれ、4件目の殺人事件が起きてしまいました。刑事の話から「超能力」という共通点を掴んだ拓留たちですが、まだパズルのピースを集めてる段階で、それぞれのピースがどこにハマるのかわからない(パズルの完成図が見えてない)ような段階ですね。

事件に共通点があるということは、学校にも力士シールが貼られていて、しかも渡部には何らかの超能力が備わっているということになります。次回はそういう話にも触れてくれるんじゃないでしょうか。

全体としては将軍のいる病院に行けばストーリーも大きく動きそうな気がするのですが、果たしてどうでしょうか。続きに期待!

世莉架に操られる拓留w  出典:chaoschildanime.com © 2017 MAGES./KADOKAWA/CHAOS;CHILD製作委員会

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。