「テイルズオブゼスティリア ザ クロス」アニメ20話感想 迫力あるドラゴン浄化だった

スポンサードリンク

前回のおさらい

バルトロに罪を着せられたアリーシャ姫。そして、バルトロはアリーシャをおびき寄せるため、広場でマルトランが磔にした。アリーシャはついに行動を起こす。彼女が向かった先は…。

第20話「浄化」

アリーシャが向かった先には王がいた。そしてそこへバルトロもやってきてその後…。一方、スレイは「不可能だ」と言われていたドラゴンの浄化に挑戦する。

アリーシャが向かった先は王のもと

前回のラストで侵入を試みたアリーシャ。しかし衛兵に早速見つかってしまいます。「誰も殺さない」という命令のもと、アリーシャの精鋭部隊は突き進みます。

一方で、ルナールは広場で磔にされていたマルトラン先生のところで待機していました。お前は誰だ?と問うマルトラン先生に対して「アリーシャの支持者だ」とこたえるルナール。支持者というよりむしろストーk(自主規制

しかし「我々は個人の感情で動いているのではない。公人として動くように指導した。」と胸を張るマルトラン先生。「公人」としてアリーシャが向かったのは王のもとでした。

父、国王の元へいざゆかん © BNEI/TOZ-X

導師スレイさんマジ主人公

以前からスレイが言っているように、人間だから穢れは誰のもとにも存在する。それを戒めて生きているのだといいます。そのキャパの限界を超えると憑魔が忍び寄るんだそうです。

そして、スレイが言うには、ドラゴンは浄化できないんじゃなくて、ドラゴンの穢れを受け止められる導師がいままでにいなかっただけなのではないか、というのです。そしてスレイはそれに挑もうとしています。俺にはみんながいる!と言い切るスレイ。

周りの天族からは「おきれいな導師様」「甘ちゃん導師」などと言われていましたが、ライラが認める通り、スレイは本当に導師として成長していっただなあと思います。

スレイさんこれ完全に聖人の域に入ってますね…。マジ主人公。。

ライラが認めるというか惚れてるのか!? © BNEI/TOZ-X

王とアリーシャの対面

アリーシャは父であるハイランド王のもとへたどり着きます。

しかしアリーシャはあくまでも「公人として」やってきました。なので、「父さん」とは言わず「ハイランド王」と言って、嘆願をはじめます。人間の恨み、妬み、嫉妬、憎悪、そういうものの連鎖を断ち切るためにいますぐ争いをやめるよう嘆願したのでした。

しかし、アリーシャが父の正面に立つと、王の身体の周りには穢れが…!これはちょっとショックでしたね。

さらに、そこに現れたのがバルトロ卿。なんと剣を抜いて一方的にアリーシャに襲いかかりました!!そしてアリーシャをかばったハイランド王はそのまま死んでしまった。

娘アリーシャをかばう国王 © BNEI/TOZ-X

そのとき、バルトロとアリーシャの部下たちが入ってきます。死んだハイランド王、血のついた剣を持ったバルトロ。誰が悪者なのかはもう明白ですね。バルトロは城から身を投げました。たぶん死んだ。

ドラゴンの浄化に挑戦!

さて、一方でレディレイクには巨大な竜巻がやってきていたのでした。その中にはもちろんドラゴンがいます。CGに力入りすぎててびっくりしました!!UFOTABLEの本気を見た。

「ドラゴンが浄化できないのではない、浄化した誰かが存在しなかっただけだ」とまるでエドナに語りかけるように宣言します。スレイはミクリオの力を借りて、戦います。

「全てをつらぬけ!蒼穹の十二連!」

下手を打つと中2っぽく聞こえるセリフだけど、めっちゃ力の入った映像と音楽、さらにあの導師スレイが言うから滑稽に映らないですね!かっこいいです。

いや、ほんとカッコイイ © BNEI/TOZ-X

そしてドラゴンの浄化に挑戦。ロゼの方にも穢れが分配されるのですが、ロゼは最初の時点からめっちゃ苦しそうです。そんなとき…。

「待たせたな」

アリーシャ「待たせたな」

かっこよすぎか!!!

いや、かっこよすぎか!!!登場のしかたがかっこいいし、アリーシャとロゼの共闘ってのもかっこいい。

全員で力を合わせると、なんとドラゴンの浄化に成功します。普段クールに決めているザビーダでさえ「マジかよ…」と驚いていたレベルです。これでドラゴンになってしまったエドナの兄も浄化することができるかもしれません。

ハイランドに青空が戻りました!戦いを終えて倒れ込むロゼを支えるのがデゼル、アリーシャを支えるのがエドナ、スレイを支えるのがミクリオと、それぞれのキャラの関係性が見えましたねw

しかし「こんなことで世界を救えると思ったら大間違いだ」と泣きぼくろのサイモン(名前忘れてました)が登場。災禍の顕主の存在を匂わせて「世界は終わりだ」と言い放ちました。いよいよ災禍の顕主と再び戦う時が来るのかもしれませんね。

謎の少女の登場による引き © BNEI/TOZ-X

次回予告

「アリーシャとロゼって意外と似たところがあるよね」という話。

正義感の強さ、部下に慕われていることなどが挙げられています。

そこに、アリーシャが自分の師匠(先生)の自慢話をはじめます。ロゼも負けじとブラドの自慢話をはじめます。いがみ合う2人w

負けず嫌いなところも似ているようです。

ふりかえりと今後のストーリーについて

アリーシャの「待たせたな」が完全にMVPでした。マジ姫様。

このアニメ、めっちゃ見応えありますよね!竜巻とかドラゴンとかの迫力満点なCGが特にすごいです。

災禍の顕主も登場しそうだし、ベルベットもまだだし、エドナの兄の話もまだだし、このさき数話で終わるのかだけが不安ですw

ドラゴンを浄化する際の戦闘シーンがスゴかったですね © BNEI/TOZ-X

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。